ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界規模のフォトコンテストを開催!カメラ好きなら知っておくべき「パシャデリック」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カメラはとにかく奥が深い。さらにその愛好者も多く世界中におり、現在、2兆円産業とまで言われています。
筆者もとりわけ形から入るタイプなので、一眼の入門機「CANON EOS-60D」を購入して以来、レンズや三脚なども買って楽しんでいるが、まだまだ楽しむ程度。世界には趣味が講じてプロ顔負けのセミプロたちがたくさんいるのです。
そんな「アマチュア以上、プロカメラマン」の人たちに愛されているソーシャル・ネットワーキングサービスが「パシャデリック」です。
なんといっても「パシャデリック」にアップされている写真はそんなプロもしくはプロ並みの人たちの作品なのでクオリティがハンパない、のです。
そのままプリントして自宅にポスターに飾りたいほどの作品ばかり。むろん自分も作品をアップしてみたいのですが、ここのレベルの高さをみるとお恥ずかしい限りなのでもっと腕を上げないといけません。。。
このパシャデリックは、そんなカメラ好きの人がネクストステップとして、どうすれば、さらに「美しい写真を撮影できるか?」の情報交換サイトでもあります。
アップされている写真には「撮影した位置、時間、レンズの種類、露出、しぼり」なども細かく公開されているので、参考にして自分の腕を磨いていきましょう。
パシャデリックを立ち上げた代表の山村氏は異色の経歴で、証券会社勤務を経てその後、アメリカでMBAを取得し、サンフランシスコでパシャデリックを創業。現在、世界中に1万2000人も会員がいるサービスへと成長しています。
自身もプロカメラマンでありながら、アメリカで会社を起業し経営しているとは、日本人として誇らしい限り。すごい人がいるもんです。
さて、そんなパシャデリックですが現在、レンズメーカーの「TAMRON」、フォトブックサービスの「アスカネット」、カメラ機材メーカー「LucrOit(ルクロイト)」が協賛している「春のフォトコンテスト」を実施しています。
よくあるフォトコンテストとちがうのはそれが全世界、「世界規模」だということ。スケールがちがいます。
我こそは「世界一だ!」という人はぜひパシャデリック「春のフォトコンテスト」に参加してみてください!
「パシャデリック 春のフォトコンテスト」
5月1日~6月3日まで開催
http://www.pashadelic.com/ja/community/photo_contest/5

【Nicheee!編集部のイチオシ】
中田英寿氏がブラジルにオープンする「日本酒BAR」をグランフロント大阪で先行体験!
業界初!結婚式の馴れ初めムービーをパラパラ漫画にしてくれるサービス

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP