体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本エイサー、3D対応型とフルハイビジョン画質のプロジェクターを発売へ

3D対応プロジェクター『X1161A』

日本エイサーは、『acer』ブランドから3D映像対応プロジェクター『X1161A』と、フルハイビジョン映像対応プロジェクター『H7530D』の2機種を発売します。『X1661A』は4月30日、『H7530D』は5月下旬より順次発売予定です。

『X1661A』は、手軽に立体映像を楽しめるDLP 3D対応プロジェクター。3D対応のパソコンやAV機器に接続し、3Dメガネ(別売り)をかけるだけで迫力ある立体映像を楽しめます。コントラスト比は4000:1、投射画面サイズ(対角)は23インチ(58cm)~300インチ(762cm)、投射距離は1~11.9m、デジタルズームは2倍。本体サイズは268×192×80mm、重さ2.2kg、販売価格は6万円前後です。

0249874_021

『H7530D』は、Full HD対応プロジェクター。1920×1080ドットのFull HD映像に対応し、ブルーレイソフトなどの高精細画像をフルハイビジョン画質のまま楽しめます。コントラスト比は4万:1、映像はもちろん文字の輪郭や映像の細部もクリアに投射します。投射画面サイズ(対角)は37インチ(94cm)~300インチ(762mm)、投射距離は1.5~10m、デジタルズームは4倍。本体サイズは294×229×95mm、重さ3.2kg、販売価格は16万円前後です。
 
 

■関連記事
『iPhone/iPod』用AVケーブル付属の超小型プロジェクター『CINEMIN Swivel ピコプロジェクター』
パソコンなしで投影できる! 手のひらサイズのプロジェクター『MPro150』
使用電力がわかるデジタルメーター付き『ワットチェッカー付き電源タップ』

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。