ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャストシステムと富士通が共同でスマホ史上最高のATOKを発表

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


4月24日、富士通とジャストシステムが共同で記者発表を行った。その内容はジャストシステムの日本語入力ソフト『ATOK』をスマートフォン向けに共同で開発し『Super ATOK ULTIAS(スーパー エイトック ウルティアス)』として発表したというもの。

今までもAndroidやガラケー向けに『ATOK』がリリースされていたが、より高度に富士通製の端末向けにチューニングされた日本語入力が行えるようになった。

では『Super ATOK ULTIAS』になってどのように異なるのだろうか。「スマホ史上最高のATOK」を自負する『Super ATOK ULTIAS』を見てみよう。

高品質な変換システム

・前後に出てきた単語を読み取り漢字候補を出す。
・入力ミスがあっても予測変換候補に出す。
・日本語で入力すると英語に変換される(Windows版に既にある機能)。

単語の大幅増強

・タイムリーなキーワードを追加でパワーアップ。

利用シーンに合わせた連携機能

・目的(アプリ)ごとに応じて切り替わる。SMSやメールなら話し言葉優先など。
・長い住所も素早く変換(一部地名を入力するだけで住所候補が出る)。

また発表会後は実際に『Super ATOK ULTIAS』をタッチ&トライにて体験することができた。やはり『ATOK』なだけあって変換効率はかなり良い。今後発売される富士通製のAndroid端末に搭載される予定。『ATOK』大好きな人はこれをきっかけに『ARROWS』にしてみるのも良いかもしれない。

20年以上の『ATOK』ユーザーの筆者としては、名前だけで使いたくなってしまう。『ATOK』といえば「いっっぱつ変換」や「TABキー推測変換」、方言対応などバージョン毎に進化を続ける日本語入力ソフト。スマートフォン版も今後さらに使いやすい『ATOK』となっていくだろう。

最後に発表会の質疑応答の一部をまとめておく。

-今までのリリースしていたAndroid版『ATOK』との違いは?
既存のAndroid版『ATOK』とは違い、今回のは富士通さんの端末に今後搭載されるので、比較はできない。

-PC版ではリカバリー変換がありましたが。
今回の『Super ATOK ULTIAS』にはリカバリー変換機能は搭載しておりません。

-他社機種へのライセンスについては?
現在は予定しておりません。

-入力は自動で『ATOK』に切り替わるようですが、すべてのアプリでそうなるのでしょうか?
今回は富士通さんのアプリのみ自動で切り替えます。

『Super ATOK ULTIAS』
http://www.fmworld.net/product/phone/ultias/

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP