ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

京セラの米国向けタフネススマートフォン新モデル「Kyocera Brigadier」のプレス画像が流出

DATE:
  • ガジェット通信を≫

京セラの米Verizon向け新機種とみられる「Kyocera Brigadier」のプレス画像がTwitter投稿されていました。「Kyocera Brigadier」はG’zOneのようなスタのボディデザインを採用しているようです。おそらく、「Kyocera Torque」といった機種と同様に、耐衝撃性・防水・防塵を備えるところを大きな特徴とした機種と見られます。背面には”Verizon”ロゴと”4G LTE”ロゴがプリントされており、米国向けと予想されます。Verizon向けということで、「Kyocera Brigadier」はCDMA2000/LTE対応機種と考えられますが、既にGCFの認証を取得しており、GSMとWCDMAにも対応していることが明らかになっています。Source : Twitter



(juggly.cn)記事関連リンク
Google、日本のGoogle Playストアで「ゴールデンウィークキャンペーン」の第1弾を開始
Sony、ハイレゾ音源の再生に対応した「NW-F887」のヱヴァンゲリヲンモデルを本日発売
国内携帯・PHSキャリア6社、キャリアメールやSMSの絵文字をUnicodeに共通化、5月より順次実施

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP