体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

http://to./が開けるしくみ

しょんぼり技術メモ

不思議なURLの名前解決について、今回はsyonbori_techさんのブログ『しょんぼり技術メモ』からご寄稿いただきました。

http://to./が開けるしくみ
『http://to./』というURL短縮サービスがあります。一見開けなさそうなこの不思議なURL、実は正しく開けます。その仕組みについて簡単に説明したいと思います。

ブラウザで”http://to./”にアクセスすると、ブラウザはOSに”to.”のIPアドレスを尋ねます。そのリクエストを受けたOSは、その”to.”という文字列から、IPアドレスへ変換しようとします。今回は、Linuxでの動作で説明しますが、Windowsでもおよそ同じ処理が行われます。

まず、OSは”to.”に対応するIPアドレスを、 OSに設定されているDNSサーバーに対して問い合わせます。同じ処理を、コマンドラインから次のようにして実行することができます。今回は、DNSサーバーとしてgoogle DNS(8.8.8.8) を使用してみましょう。
——
 dig A to. @8.8.8.8
——

http://to./が開けるしくみ

digコマンドは、「知りたい情報の種類(A)」、「対象のホスト名文字列(to.)」、「”@”+問い合わせるDNSサーバ (@8.8.8.8)」という引数を取ります。

ホスト名文字列からIPアドレスを取得する場合は、「Aレコード」を問い合わせることになります。

http://to./が開けるしくみ

その結果、「”to.a”に対応するIPアドレスは”216.74.32.107″ だ」という回答が返ってきました。これにより、ブラウザは216.74.32.107のポート80番に接続し、HTTP通信を行います。たったこれだけです。

補足:jpやcomの場合は?
.jpや.comなど、いわゆる普通のドメインの場合はどうかを見てみましょう。
——
 dig A jp. @8.8.8.8
——

to3

“A”に対する回答が含まれていないため、”jp.”に対応するIPアドレスはありません。返ってきた情報は、”ナントカ.jp”の情報はこのサーバーに聞いてね(SOA)という情報だけです。com.としても同様です。

“to”というトップレベルドメインの場合に関してのみ、Aレコードを持っているため、正しくIPアドレスを取得できるのです。

補足:なぜ「http://to./」なの?「http://to/」じゃないの?
環境によります。簡潔に言うならば、「to.」はFQDN(Fully Qualified Domain Name: 完全修飾ドメイン名) で「to」はFQDNではない、という違いです。

最後にドットが付いている場合、その表記は絶対的な表記として扱われます。しかし、そうでない場合には、環境によっては相対的な表記として扱われることがあります。

例として、foo.bar.baz.example.com というドメインを考えてみます。example社のbaz部のbar課のfooというPCだとしましょう。このPCを指すとき、foo.bar.baz.example.comと毎回入力するのは面倒なので、bar課では「foo」と入力するだけで「foo.bar.baz.example.com」を意味するようになっていると便利です。そのための機能が、ドメインサフィックスと呼ばれる機能です。
Linuxでは、/etc/resolv.confのsearchオプションで指定できます。
——
 search bar.baz.example.com
——
と書いてある場合、”foo”と指定した場合、自動的に”foo.bar.baz.example.com”を意味することになります。これを回避したい場合、”foo.”とします。後者はFQDNですので、このような自動的な補完は行われません。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。