ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

情報ソースをたどり、Twitter上のデマを検出するプログラム「Pheme」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Twitterというソーシャルメディアは、わずか140文字以内でツイートするだけという手軽さもあり、情報を素早く広めるには最適なツールだ。ただその一方、デマの拡散につながることもあり、ユーザーたちには、情報の信憑性を見極める良識が問われている。

2011年にロンドンで起きた暴動の際に、暴徒たちがロンドン動物園の動物を逃がしたり、London Eyeという観覧車に火をつけたといううわさが、Twitter上で爆発的に拡散していったという事件があった。この事例を研究しているUniversity of Warwickの教授Rob Procter氏や、Sheffield UniversityのKalina Bontcheva氏など、5つの大学、4つの企業が共同で研究開発にあたっているのが、「Pheme」というTwitterのデマを検出するプログラムである。

“Pheme”という名前は、うわさや名声をつかさどるギリシャ神話の女神Phemeに由来しているという。研究チームでは、過去どのようにうわさが拡散していったのか、これまでの履歴データを調査した。

「Pheme」のプログラムは、情報ソースやツイートの会話、ツイートされている言語を追跡し、ツイートの発言者までたどっていく。さらに、発言者が信頼に足る人物なのか、あるいはマシンで動くスパムボットなのかをチェック。ツイートは、“speculation(推測)”、“controversy(議論中)”、“misinformation(誤報)”、“disinformation(デマ)” の4つに区分され、発言ツイートの信憑性を総合的に判断するという流れだ。

政府や医療、報道機関など、いち早く情報の信憑性を確かめ、対策を取る必要がある人々にとっては、非常に有益なツールとなりそうだ。また、情報の真偽を見極めやすくなることで、事件や事故の正確な状況把握が可能になるだけでなく、伝染病の拡大防止のため、迅速に対応するようなことにも役立つだろう。

ただし、現在のところ画像をチェックする機能はないという。サービスインまでに、18~20ヶ月ほど開発期間を要する予定だ。拡散力のあるサービスを利用するからには、1人1人が責任感をもち、デマに振り回されない賢いユーザーになりたいものである。

Pheme

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP