体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

PS3『torne(トルネ)』がクラックされる!? 番組のコピーや編集・加工が可能に

トルネ

プレイステーション3専用地上デジタル放送録画機器『torne(トルネ)』。いまだに品薄状態が続いている人気の周辺機器だが、『torne』に関するとんでもない情報が飛び込んできた。なんと、『torne』を使用して番組データを無制限でコピーしたり加工することが可能らしいのだ。

これは明日発売のとある雑誌が大々的に報じているもので、あえて詳しくは書かないが、とある方法で『torne』を改造し、とある機器と接続して番組データを保存することで、無制限にコピーをしたり、番組を編集できるようになるというもの。雑誌はこの方法を「TS抜き」として紹介している。

地上デジタル放送はダビング10によるコピー回数の制限や、DRM(デジタル著作権管理)によって、番組のコピー制限があったり、ディープな編集や加工ができないようになっている。

「TS抜き」とはどんなものなのか? 雑誌によるとデジタル放送は映像と音声の2つのデータを1つにして送信しており、そのデータをTSストリームと呼ぶのだという。つまりTSストリームは番組そのもののデータを意味するのだが、純粋なTSストリームを直接パソコン等に保存する事により、ダビング10等のデジタルデータの制約を受けずに保存できるのだという。

純粋なTSストリームを保存できれば、パソコン内にいくつも番組のコピーデータを保存でき、無制限にそのコピーをさらにコピーすることができ、好きなように番組データを編集・加工できてしまう。さらにデジタルデータなのでビデオテープのように劣化しないため、最高品質のまま、いつまでも番組データをコピーしまくれるのである(もっと深いのだが簡単にいえばそういうことになる)。

ここで注意しておくが、TS抜き自体がまず違法行為となる可能性が高い。実践に移すのはやめておくべきだ。また、TS抜きを可能にしてしまった『トルネ』に対しては、業界から何かしらの対策を求める声があがる可能性もある。

この記事にはあえて詳しく書かないが、これ以上のことを知りたい場合は自己責任で雑誌を読むなりググるなりするといいだろう。DRMを無視して録画できる機器は『torne』だけに限らないが、『torne』は人気の地上デジタル放送録画機器なだけに、大きな問題となりそうである。


■最近の注目記事
初キスまでに何回デートする? ネットユーザー2000人アンケート
末期ガンだと嘘をついていたブロガーが謝罪し炎上! 有名人も騙されていた
吉野家に牛丼の『特大盛』が登場! ネットの反応「迷走してるな」
若い娘のミニスカートが短すぎで危険「パンツ見えるだろ!」
勝間和代がエヴァのコスプレ「美人ではないがエロそうな体」

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。