体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【Adobe CS5】より使いやすくより易しく『Flash Professional CS5』はクリエーターの未来を開く

Flash Professional CS5

本日正式に発売が発表されましたアドビ システムズの『Adobe Creative Suite 5』。その中でも現在のアドビ システムズが特に力を入れていると思われるのが『Flash Player』や『AIR』を中心とした「Flash Platform」です。その中でメインソフトウェアとなるのがその名前にもなっている『Flash Professional CS5』。これまでもガジェット通信では新バージョンの『Flash』について以下の記事で追ってきました。

・新技術と最新事例のショーケース『Adobe FLASH PLATFORM CAMP Tokyo』レポート(http://getnews.jp/archives/52298)
・【FLASH PLATFORM CAMP】Flashゲームを『iPhone』アプリで動かすテクニックを披露(http://getnews.jp/archives/53202)
・【FLASH PLATFORM CAMP】もうすぐリリースの『Flash CS5』にはこんな新機能が登場(http://getnews.jp/archives/53708)

今回は前にご紹介できなかった部分を含めて、特にご紹介したい一部の新機能をご紹介したいと思います。

・テキストレイアウトフレームワーク(TLF)

Flash Professional CS5

これは同社の『InDesign』の機能をそのままFlashでも使えるようにして、さらに使いやすくしたような機能です。テキストフィールドに対してボタン一つで様々な変化をさせることが容易にできます。

Flash Professional CS5 img_1480

段組を作ったり(もちろん段組の幅や数は自由に設定できます)、離れたテキストフィールドに長文を流し込むことが可能です。

Flash Professional CS5 img_14831

さらにパネルから「縦書き」を選択するだけで日本語の縦書きに対応した右から左に流れる文章を制作することも可能となりました。

Flash Professional CS5 img_1489

縦書き文章の中で、英字や数字など一部の文字だけ横書きにしたい場合もその文字を選択して「縦中横の回転」を押すことですぐに対応することができます。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。