ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新規ファンへ送るリメイク版! 中途半端な“改”には不満の声も アニメ『ドラゴンボール改 -魔人ブウ編-』クロスレビュー[6.5/10点]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2014春アニメクロスレビュー『ドラゴンボール改 -魔人ブウ編-』

前作でセルを倒した孫悟飯が高校生活を始めるところからエピソードはスタートし、物語はドラゴンボールシリーズ最強の敵・魔人ブウとの壮絶な戦いへと向かう!

制作/東映アニメーション
声優/野沢雅子、堀川りょう、塩屋浩三、古川登志夫
4月6日よりスタート
フジテレビ 毎週日曜日 9:00~
公式サイト:http://www.toei-anim.co.jp/tv/dragon_kai/[リンク]

2014春アニメクロスレビュー 記事一覧はこちら

総合得点 平均

6.5/10点(レビュアー 4名)

アニ二郎探検隊のレビュー

演出 3
脚本 10
作画 3
OP / ED 7
中途半端度 10
-----
総合 7

音声だけ再収録する必要はあったのだろうか。OPとEDは新しく、映像は昔のまま、なのに音声は再収録なので声優が変わっているというなんとも微妙な製作方法。音声再収録なら映像もリメイクすれば格好もつくのになぁ。話は『ドラゴンボール』なので文句なしに面白いんですよ。バトルニートである孫家に産まれた悲劇の最強お子様孫悟飯が成長して一般世界に溶け込めるか? そんなのぜってぇ無理! というコメディパートは改めて見ても爆笑モノ。せっかく面白い作品なのにこんな中途半端な改で残念です。

鬼嶋ピロのレビュー

演出 8
脚本 8
作画 8
OP/ED 8
今だからこそ感じる悟飯さんのヤバさ度 10
-----
総合 8

名作ドラゴンボール改の第2シーズンの今作、ブウ編wwセル編の後なので、悟飯ちゃんが16歳になってますwww当時はセル編から間が空かずに、この数年後のブウ編に入ったんだよなとしみじみwww
とりま今回もOPとEDは新しくなってますww本編も新規絵で見たいなと思うくらいには絵が良いですよwww
今回の第1話は悟飯のハイスクール話だったりしますが、この時にはまだ「金色の戦士」って呼ばれてましたねwwそもそも超サイヤ人で普通の地球人を攻撃してるとか力の調節間違えたら粉微塵になっちゃうのに悟飯さんマジパネェwwwww
このハイスクール編で改めて思ったのは悟飯がズレまくりなのは、やはり悟空の子供だからだったり幼少期から戦闘に明け暮れたからなのかなとwwwちょいちい悟飯のヤバさを感じてしまうのは俺が大人になったからなのだろうか?ww
そして案外この辺の天下一武闘会前の話って覚えてなかったりするから、懐かしくも新たな発見があったりするので楽しいですなwww

ジョージ・レックのレビュー

演出 5
脚本 5
作画 5
OP / ED 5
ビーデルの違和感度 9 
-----
総合 5

おなじみ『DRAGON BALL Z』のリメイク作品だ。セル編の頃から思ってたけど、当時の放送を見てた身としてはBGMが違うと違和感ものすごいんだよネ。当時を知らない若い世代にもう一度『DRAGON BALL』を浸透させるにはこれで十分なんだけどな。CMのDX超戦士スカウターのオモチャがすごくほしいぜ。20年遅いぞあのオモチャ。思い出に浸るもよし。これを機会に『DRAGON BALL』の世界に触れるもよし。

srbnのレビュー

演出 6
脚本 10
作画 9
OP / ED 5
懐かしさ 10
-----
総合 6

ようは『ドラゴンボールZ』の魔人ブウ編なんですが、グレートサイヤマンを何年ぶりに観たかというのを考えるだけで背筋が寒くなりますね。一度観てるから内容も知ってるから「おー、やっとるやっとる」という程度で観るんで、音声再録も全然気にしませんでした。この時代に『ドラゴンボール』を地上波で放送しており、多くの視聴者が同じ時間にテレビの前で視聴しているという事実に意義がある作品だと思っているのでこれで良いと思います。いやー、パワーのある作品だ。

レビュアープロフィール

アニ二郎探検隊
アニメの流通も手がける某企業に勤務する元イベント屋の30代

鬼嶋 ピロ
業界の隙間でぬるっとなんやかんやしてるアニヲタDQNですw

srbn
OPやEDに弾幕が流れるようなアニメをよく観ていますよ。

ジョージ・レック
古いアニメから最新のアニメまで広く浅く監視中。ロボット・能力バトル・恋愛・日常…なんでも食う系男子。好きなアニメは「聖闘士星矢」「輪るピングドラム」「ぱにぽにだっしゅ!」

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP