ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

このままだとニュース番組はNHKしか生き残らない

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


そういえば私も大人になってNHKをよく見るようになりました。昔はあまり見なかったのに不思議です。今回はメカAG さんのブログからご寄稿いただきました。

このままだとニュース番組はNHKしか生き残らない
数年前だれかが「最近はニュースはNHKしか見ない」と言っていた。「民放のニュースはつまらん」と。その時はいくら何でもそりゃちょっと極端過ぎじゃないかと思ったのだけれど、俺(おれ)も最近NHKばかり見るようになってしまった。

なんというか民放のニュースって「国民に理解を得られない」としかコメントしないので、情報として得るものがないんだよね。自分に同意しかしない相手は退屈だ。

昔は民放のニュースもきちんとした解説者が横に付き、それなりの専門的な立場からコメントしていたように思う。それを見て「なるほど、素人考えではこう思うけど、別な考え方もあるんだな」と勉強になった覚えがある。

当時は俺(おれ)も学生だったから、解説者の語る内容がよけい高度に感じたのかもしれないが、最近のニュースって解説者がいないか、国民代表みたいな素人が、視聴者を代表して怒ってるだけだよね。

   *   *   *

「国民は納得しない」「国民は怒ってる」としかコメントしないニュース番組を見てて楽しいだろうか。自分の気持ちを代弁してくれているから、その時は「そうだ、そうだ」とうれしいかもしれないが、次第に飽きてうんざりしてくるのではなかろうか。

一方NHKは今でも解説はそれなりにまともだ。扇情的な表現を抑えているので、最初は物足りなかったがすぐに気にならなくなった。むしろ扇情的な表現だけの民放のニュースの毒々しさに慣らされていたのだと気づいた。

ニュースは、先ず事実を伝え、次にそれに関して専門的な立場から解説を加える。これが基本だと思う。専門的な立場からの解説は国民の感情とはしばしば食い違うだろうけれど、だからこそ見る価値がある。自分と同じ思考レベルの解説など見ても仕方ない。

   *   *   *

娯楽番組は好きなのを見ればいいと思うが、ニュース番組はNHKを見ることをお勧めする。民放のニュース番組は見続けると心が汚れるだけだ。現在の自分を肯定してくれるニュース番組よりも、自分の知識や物の見方を高めてくれるニュース番組を見るべき。

ちょっとNHKを褒めすぎだが、NHKを褒めたいのではなく、民放がそれだけ酷いということを言いたい。民放もドキュメンタリー番組とかなら、現在でもそれなりに面白いのだけどね。でもドキュメンタリーって以前(1970年代とか1980年代とか)に比べて少ないような。

執筆: この記事はメカAG さんのブログからご寄稿いただきました。

文責: ガジェット通信

******
ガジェット通信では、皆さんの原稿を募集しています。
http://getnews.jp/post
******

■最近の注目記事
日本にはマスメディアの危機なんてない。あるのは社員の高すぎる給料だけだ
「専業主婦 VS ワーキングマザー」の戦いがいつまでも終わらないワケ
「~」この記号の“本当の”名前

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP