ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イオンがNexus 4と音声通話付きSIMカードをセットにした「イオンのスマートフォン」を4月に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大手スーパーのイオンが4月より「イオンのスマートフォン」という独自ブランドの下でAndroidスマートフォンと音声通話付きSIMカードをセットで販売すると日経が報じました。しかも、月々に換算すると2,980円~という激安な商品とのことです。イオンが販売するスマートフォンはGoogleとLGが共同開発した4.7インチスマートフォン「Nexus 4」。SIMカードは日本通信 b-mobileの音声通話(21円/30秒)+上下200Kbpsのデータ通信が使い放題の製品です。Nexus 4の販売価格は3万4,080円で、24か月分割で1,420円/月。SIMカードの料金は月額1,560円で、分割払いの場合月々の最低費用は2,980円になります(ユニバーサルサービス料金は別でしょうね)。イオンのスマートフォンは2年契約が基本で提供されるそうですが、契約期間中に解約しても解除手数料はかからないとのことです。端末料金の残額は別途請求されると思いますが・・・。日経によると、イオンのスマートフォンは4月4日より全国170店舗のイオンで発売されるそうです。Source : 日本経済新聞



(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia T2 Ultraが香港で発表、定価は3,498香港ドル(約46,300円)
BBモバイルポイント プリペイドIDが4月1日よりSNSアカウントでの登録に対応
Optimus G海外モデルは今夏にAndroid 4.4.2へのアップデートが実施される予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP