体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

りんかい線8駅中の5駅に7台設置 意外に高シェアな食品自販機とは?

『一番摘み抹茶<十勝あずき入り>』を購入

何気ない駅の風景を撮った写真。この中に、意外にシェアの高いある自販機が写っているのですが分かりますか? 飲料の自販機はどの駅にもありますよね。今回ご紹介するのは、自販機全体のシェアで飲料、タバコに次ぐ3位という食品の自販機。その食品の自販機の中でもトップシェアというアイスクリームの自販機です(※)。東京・お台場を走る東京臨海高速鉄道“りんかい線”の全8駅を回って、どれぐらい設置されているのか調査してみました。
※日本自動販売機工業会調べ

新木場駅:1台

新木場駅

今回の調査は、りんかい線の始発である新木場駅と、乗り入れを含まない終点の大崎駅までの全8駅のホームと駅構内を対象に実施。アイスクリームの自販機がどれぐらい設置されているか調べてみました。まずは新木場駅から。JR京葉線や東京メトロ有楽町線も接続する、りんかい線の始発駅です。

設置を確認

進行方向後ろの方のホームで、アイスクリームの自販機を発見しました。

セブンティーンアイスの自販機

グリコの自販機専用アイスクリーム『セブンティーンアイス』の自販機です。レジャー施設やスポーツ施設でよく見かけますが、最近は駅でも見かけますよね。実はこの『セブンティーンアイス』、2013年度には2万台が全国に設置され、食品の自販機の中ではトップシェアを誇るのだとか。

りんかる

側面にはりんかい線のキャラクター“りんかる”のステッカーが貼られています。新木場駅では1台の設置を確認。

東雲駅:1台

東雲駅

隣駅の東雲駅に移動。工場や倉庫、高層マンションが隣接する、りんかい線では珍しい地上駅です。

設置を確認

ホームには飲料の自販機しかありませんでしたが、ホームを降りた改札前にありました。東雲駅では1台の設置を確認。

国際展示場駅:1台

国際展示場駅

続いて国際展示場駅へ。東京ビッグサイトに隣接し、イベントなどで利用したことがある人も多いのでは?

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。