体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ガジェット通信にあのホリエモンがライターとして参加決定!

ホリエモン

東京産業新聞社が年中休まず発行しているウェブ媒体『ガジェット通信』には数多くの記者が存在する。ガジェットモノを専門にレビューするライター、ウェブゲームの解説や紹介をしているライター、そして私ソルバルウと総勢20名以上ものライターが存在する。そんな『ガジェット通信』のライターにあのホリエモンこと堀江貴文氏が参加することが決定。

ソルバルウ記者(私)がダメ元でお願いしてみたところ見事に了承が下ったのだ。ディスプレイの前で土下座していた姿が見えたのだろうか。見えたよね? そうに違いない。そして気になるホリエモンの記事だが彼は現在『六本木で働いていた元社長のアメブロ』という自身のブログで記事を書いており両立は難しい状況。「ガジェット通信に書いてもブログのアフィリエイト入らないしメリットねーよ」とか言われるかと思いきや、そんなこともなく快諾。今後の展開については未定だが決まり次第報告したい。

どんな記事になるのか、いつ記事が公開されるのかは不明だが、もしかしてこのままトンズラという可能性もありうる。

ホリエモン

『Tech総研』でホリエモンと対談をしたことがある漫画家見ノレ野先生は「ホリエモンに仕事振るなら僕ちゃんに仕事振ってくださいよ! え、ノーギャラ? それでも良いよ!」と嘆いていたとか。さすが『渋すぎ美術に男泣き!』が10万部のベストセラーになっただけあって余裕だ。まあ10万部売れても小遣い制らしいから彼の懐は潤わないんだけどね。

なおガジェット通信についての記者一覧にホリエモンは登録済み。

ホリエモンのブログ

※なお、本人の希望により、本件に関しては堀江貴文さんに確認は取らないで頂きたい。

■関連記事
ホリエモンの個人資産33万円差し押さえ!
ホリエモン「PS2全盛期のときにMicrosoftに高値売却すべきだった」
ホリエモン「日本の家電業界は終わった。さよなら」

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。