体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【FLASH PLATFORM CAMP】もうすぐリリースの『Flash CS5』にはこんな新機能が登場

FLASH PLATFORM CAMP

米国時間の4月12日に発表が予定されているアドビシステムズの『Flash Professional CS5』。この『Flash』次期バージョンの告知イベントが『Adobe FLASH PLATFORM CAMP Tokyo』として3月16日に開催されました。

FLASH PLATFORM CAMP

ここでアメリカのアドビシステムズ本社にて『Flash』におけるプラットフォーム・エバンジェリストであるリー・ブリムロー氏が登場し、新たに『Flash Professional CS5』にて追加される新機能についての最新の発表が行われました。その中で主に発表された新機能をご紹介します。

・アクションスクリプトのヒント表示を改善

FLASH PLATFORM CAMP

カスタムクラスのコードヒント表示を改善し、関数に使用できるプロパティもどういうものが使えるかポップアップされるので、そのとおりに入力していくだけでよく、初心者にも導入しやすくなりました。

FLASH PLATFORM CAMP

コンパイルエラーパネルの改善が行われ、スクリプトのエラーとワーニングについて細かく把握できるようになりました。

FLASH PLATFORM CAMP

新たなパネルである「CODE SNIPPETS PANEL」によく使うスクリプトを登録してあり、それをそのまま呼び出して使うことができるようになっています。新規の登録も簡単です。

・新たなテキスト設定

FLASH PLATFORM CAMP

これまで通りのクラシックテキストに加え、TLF(Text Layout Framework)というものが追加されました。

FLASH PLATFORM CAMP

これを利用していくつかのテキストフィールドを作り、長いテキストを別々のテキストフィールドに続けて流し込むことができるようになります。段組などもプロパティウィンドウから簡単に作ることができ、段組の幅なども自由自在。これはまるで同社の高機能なデスクトップパブリッシングソフトである『InDesign』のような感覚でした。英語以外の言語への対応も強くなり、日本語のために縦書きにも対応しました。

・新しいブラシ機能

FLASH PLATFORM CAMP

パターン描画ツールの強化をしました。パターン自体はJavaScriptで作ってあります。

FLASH PLATFORM CAMP

様々なパターンが最初から搭載されていて、それらを細かく設定することでオリジナリティのある描画が行えそうです。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。