ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ZTEとThe9のジョイントベンチャーが中国でAndroidベースのコンソールゲーム機「ZTE9 FunBox」を発売へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国の通信機器メーカー ZTEと中国のゲーム開発企業 The9のジョイントベンチャー ZTE9 Network TechnologyがAndroidベースのコンソールゲーム機「ZTE9 FunBox」を今月中国で発売します。中国では2000年から14年間にもわたって国内におけるゲーム機の販売が禁止されていましたが、去る1月9日に一部の地域で生産されたものに限り解禁されたことに伴い現地のメーカーがゲーム機を製造・販売を行なうことが可能になりました。その政策変更を受けてFunBoxは発売されます(現時点では中国国内のみですが)。FunBoxはキューブ型のフォームファクターを採用した据え置き型のゲーム機で、Androidゲームや動画サービスの映画などをストリーミング再生することができます。主要スペックは、NVIDIA Tegra 4 1.8GHzクアッドコアプロセッサ、2GB RAM、8GB ROM、USB&Micro USB端子、HDMI出力端子などを搭載し、Wi-Fi a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)とBluetooth v4.0に対応しています。OSはAndroid 4.3(Jelly Bean)です。Source : Bloomberg



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile、声をテキスト化した吹き出しと一緒に写真を撮影できるカメラアプリ「ボイスバルーンフォト」をリリース
Xperia Z1 CompactのPTCRB認証にAndroid 4.4.2とみられる「14.3.A.0.681」が追加
Android版「Skype」がv4.7にアップデート、バッテリー消費問題に対処

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。