ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

生きるレジェンド・シュワちゃん「映画は人を楽しませるためにある」映画『大脱出』スペシャル動画

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ハリウッドの生けるレジェンド、シルヴェスター・スタローンとアーノルド・シュワルツェネッガーが、本格初共演を果たしたマッスル超大作『大脱出』。今年のお正月映画として話題を独占したアクション超大作が、早くもソフト化。ブルーレイ&DVDの発売が7月2日(水)に決定しました! これを記念して、シュワルツェネッガーの来日プロモーション時に独占収録した“来日コメント映像”が解禁。シュワちゃんのミニインタビューをご紹介します。

シルヴェスター・スタローン、アーノルド・シュワルツェネッガー、世界最強の2大アクション・スターのダブル主演は、映画史的な大事件。脱獄のプロフェッショナル(スタローン)が、絶海に浮遊する巨大タンカー=難攻不落の監獄要塞を脱獄するため、敵か味方か分からぬ謎の囚人男(シュワ)と手を組み、限りなく不可能に近い脱獄計画を実行に移します。

共演は、『パッション』のジム・カヴィーゼル、『メン・イン・ブラック』のヴィンセント・ドノフリオ、人気ラッパーにして俳優のカーティス“50セント”ジャクソン、『ジュラシック・パーク』のサム・ニール、『スナッチ』のヴィニー・ジョーンズという、演技派・個性派の名優たちが大集合。監督は、『1408号室』『シャンハイ』などの大作で知られる鬼才、ミカエル・ハフストローム。『300』『エクスペンダブルズ』のプロデューサーも腕をふるった渾身の活劇作です。

【アーノルド・シュワルツェネッガー】コメント

■一番好きなシーンを教えて下さい。

ドイツ語で話すシーンがお気に入りだ。脱獄計画がバレて、単独室に入れられるシーンだ。温度が60度を超える金属で作られた単独室に入れられ、幻覚を起こし始めるんだが、スタローンに脱獄ルートを探させるために警備員の注意を俺に集めようとドイツ語で叫び始めるんだ。映画の中でドイツ語を話すのは今回が初めてだったから出来上がりにはとても満足している。

もう一つのお気に入りシーンはスタローンとの格闘シーンだ。綿密にリハーサルを重ねたよ。迫力があって、かつユーモアのある素晴らしいシーンに仕上がったと思う。ファンの期待に応えられたんじゃないかな。

■スタローンとの相性に関して。

スタローンは尊敬しているよ。彼は素晴らしい役者であり、監督であり、脚本家であり、そして画家でもある。とにかく、多才なアーティストで、何事に対しても常に100%以上の力を注いで挑むからとても尊敬してるよ。昔はライバルだったけど、ここ数年の間に何度か一緒に仕事をする機会があったおかげで今はお互いをリスペクトしあっている友人だ。彼を友人とよべる仲になったからこそ、エクスペンダブルズシリーズも3作出演したし、「大脱出」もスタローンが一緒にやろうと声をかけてきたから出演を快諾したんだ。

■これから映画を観る方へメッセージ。

派手な格闘シーンに、大スケールのアクションシーンがあり、サスペンスとユーモアにあふれる演技も楽しめる。監督の演出も素晴らしいし、とにかくこれぞエンターテイメント!とよべる作品だ。映画は人を楽しませるためにあるので、世界中の人々に楽しんでもらいたい。


『大脱出』
2014年7月2日(水) Blu-ray&DVD リリース!

【セル】Blu-ray チールケース仕様【4,000個 初回限定生産】 ¥5,800(本体)+税
【セル】Blu-ray(1枚組) ¥4,700(本体)+税
【セル】DVD(1枚組) ¥3,800(本体)+税

【Blu-ray&DVD特典映像】※(予定。タイトルは原題となります)
・Executing the Plan、オーディオ・コメンタリー (監督&脚本)、予告編集、キャスト・スタッフプロフィール、プロダクションノート

【スチールケース仕様特典映像】※(予定。タイトルは原題となります)
Maximum Security: The Real Life Tomb、Executing the Plan、Clash of the Titans、削除シーン、オーディオ・コメンタリー (監督&脚本) 、予告編集、キャスト・スタッフプロフィール、プロダクションノート

発売元:ギャガ 販売元:ポニーキャニオン ※レンタル版同時リリース

(C) Escape Plan  2013, Artwork & Supplementary Materials  2014 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP