体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【動画レポ】約束された安眠を貴方へ! AiR 『オーダーメイドピロー』を体験してきました!

オーダーメイドピロー

心身の健康のためにとても大事な睡眠。少しでも質の良い睡眠を取って日々の疲れを癒やしたいと考えている方は多いのではないでしょうか。筆者もストレス社会からの洗礼をしこたまに受け、不眠に悩まれる毎日を送っています。

何か安眠を得る手がかりはないものか……と、やってきたのは『東急ハンズ新宿店』内にある『AiR CONDITIONING SHOP』。AiRの『オーダーメイドピロー』は常に高いパフォーマンスが求められるトップアスリートが多数愛用していると評判の枕です。頭の形に合わせて高さを調節することで至上のフィット感が得られるとの事ですが18,900円(税込)と中々ホイホイっと手の出る価格でないのも事実。ここは論より証拠でしょうと実際にオーダーメイドピローを体験してきちゃいました。

※すべての画像と動画を見たい方は、ガジェット通信(http://getnews.jp/archives/532996)からご覧ください。

体験動画


【動画はこちら】http://youtu.be/q9jWqDvXpL4

オーダーメイドピロー作製の流れ

オーダーの流れ

工程は「TOUCH」「MEASURE」「FITTING」「SET UP」の4つです。

まくらの素材

枕の素材を、ソフトで弾力性に優れた『Regular エラストマーパイプ』、固めのパイプでしっかりと支える『Hard 紀州備長炭パイプ』の2種類から選びます。筆者は備長炭という響きに釣られて備長炭パイプを選択。

頭の高さを測定

フィットした枕にするために簡易測定器で頭の高さを測定します。

微調整

実際に横になり、高さを微調整して寝心地を確認します。寝方は仰向けだけでなく横向きもチェック。

オーダーメイドピロー完成

最後に調整が済んだ枕へパイプを詰めて完成です。所要時間は作製だけなら10分程度。その場で持ち帰ってその日の夜から使用できます。

1 2次のページ
生活・趣味
せんとすの記事一覧をみる

記者:

ゲーム系のレビュー記事などを書かせて頂いております。宜しくお願いいたします。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会