ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BlueStacksのAndroidゲーム機「GamePop」の出荷準備はほぼ完了しているらしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Windows向けのAndroidアプリエミュレーター「BlueStacks」の提供元が昨年5月に発表したAndroidベースのコンソールゲーム機「GamePop」の発売が迫っているようです。GamePopはまだ予約受付中という段階なのですが、TechCrunchによると、製品はすぐに出荷できるほどにまで完成しているそうです。同サイトの記事にはGamePopの実際の写真も掲載されていました。GamePopは、Android 4.2を搭載したゲーム機と専用コントローラをセットにしたもので、テレビにHDMI接続することで、テレビの大画面でコンソールゲーム機のようにAndroidゲームをプレイすることができます。提供方法は月額$6.99のサブスクリプション型で、契約するとGamePop一式と500タイトル以上のゲームを追加費用不要でプレイできるという。発売月となる5月はサブスクリプション料は無料になるそうです。GamePop一式は$100、プリインストールされている有料のAndroidゲームは$250の価値があると言われています。Source : TechCrunch



(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Z2の発売が世界規模で延期されたという噂
Samsung、米国で画面比21:9を採用したスマートフォンのデザイン特許を出願
ZTE、韓国でAndroidスマートフォン「ZTE ME」をキャリアを介さずに発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP