ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ホリエモンの本も2冊書いています」佐々木俊尚さんがビジネス書のゴースト事情を語る

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

3月8日、

ホリエモンにもゴーストライターが!? 「実際には堀江さんは文章を書いていません」と漫画家佐藤秀峰さんが明かす

という記事をお伝えしたが、同日ジャーナリストの佐々木俊尚さんが自身のサイトに

書籍のゴーストライターというエコシステム
http://www.pressa.jp/blog/2014/03/post-14.html[リンク]

という文章を掲載、「経営者本などのビジネス書のゴースト事情」について語った。

フリージャーナリストやフリーライターがゴーストライターとなって編集者や著者と打ち合わせを行い、インタビューなどの取材を重ね、関連書籍を読むなどリサーチも行って執筆し、著者がチェックし本として完成するという制作課程を説明し、

あくまでも「著者」本人へのヒヤリングがもとになっているので、「著者」の哲学や持論、体験談が原稿のベースになっています。だから著者の考えて もいないようなことを勝手に書いているわけではありません。もちろんヒヤリングだけだと分量が埋まらないことも多いし、ふくらみが足りないので、周辺取材やリサーチは欠かせません。でもこの「ふくらみ」の部分があることだけをもって、「これは『著者』の本ではない」とするのは言い過ぎでしょう。だから私としては、ゴースト本は「著者の書いた本ではない」けれども「著者の本である」とはいえる、というような立ち位置ではないかと思っています。

と語る。そして

ホリエモンこと堀江貴文さんの経営者本も2冊書いています。これは出版社経由じゃなくて、堀江さんから直接、というか当時のライブドア広報経由で依頼がありました。

と、ホリエモンの本も2冊書いたことを明かしている。とはいえ、こちらは堀江さんと一緒にイベントをやったりと「周知の事実」であったようで、ホリエモンも自身の『Twitter』アカウントで佐々木さんがこのブログを更新したという告知にリツイートを行っている。

これに対し、『Twitter』などでは「ビジネス書の現状はそうかもしれないが、小説については本人が書いてると思って買った人もいるのでは」といった意見も出ている模様である。小説のゴーストライター疑惑に関してはホリエモンは今のところ言及していないようだが、果たして真相やいかに。

※画像は『佐々木俊尚』HPより

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP