ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ショーの動画配信や『Pinterest』の可能性は!? 「ファッション×テクノロジー」を追求する『FIT INNOVATION LAB JAPAN』で語られた事

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

インターネットの普及によってライフスタイルが日々変化する中、比較的緩やかに見えるファッション業界ですが、通販サイトでの購入が定着していることやスマートフォンへの対応が迫られるなど、徐々に影響が及んでいます。そういった現状を踏まえて、ネットを中心としたテクノロジーとファッションの世界を繋ぎイノベーションを起こすことを目的としたフォーラム 『FIT INNOVATION LAB JAPAN』のキックオフイベントがデジタルハリウッド大学大学院(以下デジハリ)にて2014年2月15日に開催されました。

登壇したのは、デジハリ大学院杉山知之研究室のヒラタモトヨシさんをはじめ、情報サイト『infashion』の主宰ナカムラユキさん、デジハリの初音ミク映像専攻コースプロデューサーを務めた北田能士さん、『装苑』『high fashion』などの編集を手掛けてきたジャーナリスト の西谷真理子さん、そしてピンタレスト・ジャパン株式会社の定国直樹社長の5人。ヒラタさんが「自分が話したいという人に来て頂きました」という人選で、個々の専門領域を共有する形でセッションが進められました。

「ライブメディアこそがファッション」

フォーラムを主導するヒラタさん。ルイ・ヴィトンが2010年秋冬コレクションでネットでのライブ配信を観て、オウンドメディアの可能性を感じて自身も挑戦。Mercedes-Benz Fashion Week TOKYOなどのショーの配信を敢行するなど、日本のファッション業界でのライブメディアの第一人者として活躍しています。
「情報革命によりファッションの定義が変わった」というヒラタさんは、コンピューターが業務効率化の道具から、共感・行動・創造をするための道具に変化し、さらに「fashionを作り出すツールになった」と力説。
一方で、現状の業界が「感動ビジネスではなくなっている。これでいいのか。まずやってみるのがファッションなのではないか」と疑問を投げかけ、国境やカテゴリーを超えたファッションのイノベーションにはテクノロジーが重要と訴えました。 

『Pinterest』が志向する「インタレストグラフ」とは

アプリ上で画像や動画に”ピン”を付けて、それを”ボード”にまとめて共有していくというサービス『Pinterest』。2013年秋に日本法人ができたばかりで馴染みが薄いですが、月あたりのユーザー数が5000万人、特にアメリカでは女性の5人に1人が使っているという人気ぶり。
「よくソーシャル・ネットワークサービスなのか、写真共有サービスなのかと訊かれるが、答えはどちらでもない。インタレストグラフなんだ」(定国社長)といい、人と人がつながるのではなく、人が関心を寄せていることをつなげるため、”ボード”が重要な役割を果たします。
さらに、定国社長によると『Twitter』や『Facebook』と比較して、リンク先のECサイトでの購買単価が高いとのこと。「(他のサービスと比較して)ものに対する愛着が違う」といい、一日あたり200万の新しいコンテンツが生成されるというレディスファッションカテゴリーとの親和性をアピールします。

また、『Style my Pretty』『Sephora』『Martha Stewart』『Conde Nast』『Neian Marcus』 
といったブランドが『Pinterest』を活用したプロモーションを展開。特に『j.Crew』はカタログを紙に先駆けて『Pinterest』で公開するようになっているほか、シアトルに本店のあるデパートチェーン『Nordstrom』では店舗に”ピン”の数を示したディスプレイを設置するといったリアルでの展開も実施しているという事例も紹介されました。

グループディスカッションのライブ配信も視野に

登壇者によるトークセッションも活発に交わされた『FIT』。
「『Facebook』のみの告知でしたが、多くの方が参加表明をしてくれました。旗を立てると人が集まってくれて、点のつながりが面になって、より面白いことが出来る予感がありました」と手応えを述べたヒラタさん。
今後は少人数でのグループディスカッションや、ライブ配信も視野に入れているとのこと。「とにかく実践をしていきたい。日本におけるメディアラボのファッション版を目指したい」として、企業のサポートも募っていく方針といいます。
「ファッションというフィルターを通して 、まだまだ話したい人はたくさんいる。次の面白いプラットフォームは何なのか。新しいことを探ること自体がファッションだと思います」というヒラタさんを軸にした議論の展開は、しばらく日本のファッションビジネス業界の注目を集めることになりそうです。

FIT Innovation LAB JP (Facebookページ)
http://www.facebook.com/fitilab/

Pinterest – 画像や動画の発見ツール
http://www.pinterest.com/ [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP