ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ごちそうさんはキャラが立ちすぎ? ふ久の恐るべき腐女子度

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」

NHK朝ドラ『ごちそうさん』から新たなスターが誕生するかもしれない。め以子・悠太郎夫婦の長女、西門ふ久(ふく)役の松浦雅だ。

『ごちそうさん』のブレイク女優といえば西門希子役の高畑充希が思い浮かぶが、今度は“見えない力”に夢中になるという謎多き女の子。物理に夢中な理系女子だ。

このドラマは個性豊かなキャラクターが多いが、ふ久に関してはそのキャラが際立っている。なにしろ、理系女子というだけでなく、頭の中ではBLな妄想が悶々と展開されている”腐女子”だったのだ。

2月3日は”ふ久”が”腐久”になった日

甲子園を目指してバッテリーを組む弟(泰介)とその先輩(諸岡弘士)。ふ久はそのキャッチボールをする姿を傍らで見ながらも、頭の中では”先輩×弟”のBL(ボーイズラブ)な会話が展開されていく。

泰介「嫌なんです、先輩のタマをほかの誰かが受けるなんて! 」。

先輩「西門・・・」。

2月3日の放送。食事中でさえ本を手放さなかったふ久が、物理以外のことにも興味を示したのだ。この日を境に、ネット上でもふ久は腐女子ではないか? という疑惑が浮上するようになった。

このドラマの凄いところはその脚本にもある。実は、この直前にふ久はめ以子の作ったオットセイカレーを食べていたのだ。”精力”がつくというオットセイの肉。つまり、ふ久はこのカレーを食べたために妄想のスイッチが入ってしまったのだ。

また、他にもふ久はこんなことを弟の泰介に言っている。

ふ久「次の年もピッチャーの子連れてきたやろ?それでまたおんなじ事やろうと思ってんけど、できへんかってん」。

つまり、ふ久は別なカップリングでも妄想していたということ。でも、出来なかった。恐るべきは脚本家の森下佳子。BL妄想の「攻・受」や「カップリング」という概念を重々承知した上で、このセリフをふ久に言わしめたのだ。ふ久にとっては、泰介×諸岡のカップリングは唯一であり、こだわりだったのだ。

今まで、ドラマでここまではっきりとBLな妄想を描写したドラマがあっただろうか。いや、そもそも、ここまではっきりと腐女子を演じた女優がいただろうか。

朝ドラで、こんなにも完璧な腐女子を描くとは。

擬人化の斜め上を行くふ久

別な放送回にはこんなシーンもあった。ふ久がお見合い写真を見せられた時、軍服姿のメガネの青年を見て、ふ久はこう言い放ったのだ。

「地下鉄に似てる」。

つまり、ふ久は擬人化のさらに上を行く妄想までしている。猫や犬を擬人化するのとは訳が違う。人を地下鉄に妄想し、メガネ男子を電車化してしまったのだ。

擬人化の反対語って何?と考えてしまう。ふ久に聞きたいぐらい。いや、森下佳子さんに聞きたいぐらいだ。

色々な複線が散りばめられて描かれた腐女子、ふ久。あまりにキャラが立ちすぎていて、このまま終わりにするのはもったいないぐらいのキャラクターだ。そして、完璧な腐女子を描いた脚本家、森下佳子にも感服だ。

画像引用・参照:
登場人物|NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」
http://www1.nhk.or.jp/gochisosan/cast/ [リンク]
ふ久ちゃん【腐女子(仮)】が斜め上を行き過ぎ 朝ドラ『ごちそうさん』|腐女子の情報サイトちるちる
http://www.chil-chil.net/compNewsDetail/k/blnews/no/4617/cmt_ord/ASC/ [リンク]

※Melody Talk: ごちそうさんの長女、ふく(松浦雅)はBLな腐女子?!より一部抜粋
http://satusatu.blogzine.jp/melody/2014/02/matsuuramiyabib.html [リンク]

※この記事はガジェ通ウェブライターの「こなみるく」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。