ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

長い爪も引っかからない! タイプミスを軽減するキーボード、エレコムから発売

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

0246625_01

エレコムは、キーがそれぞれに独立した“アイソレーション設計”を採用したフルキーボード『TK-FCMO15シリーズ』を4月上旬より発売します。隣接するキーとの間にスペースがあるので、複数のキーを同時に押してしまうタイプミスを軽減。長い爪も引っかかりにくく、爪を伸ばしてネイルアートをしている女性にも使いやすいキーボードです。

tk-fcm015bk_31

『TK-FCM015シリーズ』は、キーとキーの間を離した構造が特徴のアイソレーション設計を採用。18.5mmと広めのキーピッチでスムーズなキー入力が可能です。また、キートップとキーボード本体の間に、ゴミやホコリがたまりにくいので、そうじの手間も従来のキーボードより大幅に少なくて済みます。

キータイプは、キートップをラバードームで支える『メンブレン方式』を採用。一般的なメンブレン方式より浅いキーストロークは、軽快なキータッチを実現します。日本語108キー配列ですが、カナ表記をなくした英語表記のみのキートップには、エレコムオリジナルフォントを採用することで、スタイリッシュかつ見やすいデザインに仕上がっています。

tk-fcm015wh_31

キーボードの傾斜角は2段階に調節でき、好みの角度でキータイピングを行えます。また、パソコンを使用しないときはキーボードを直立させて収納も可能。ケーブルの引き出し口は、本体の左・中央・右の3方向から選べるので、使い勝手に合わせてデスク上のレイアウトも自由です。サイズは、W423×D120×H28.4mm(スタンド含まず)、重さ約470g、カラーは、マット系のブラックとホワイトの2色。標準価格は4200円(税込み)です。
 
 

■関連記事
ジェスチャー機能が使えるテンキー機能付きタッチパッド『スマートパッド(PTP-SP1シリーズ)』
ビデオ編集に便利!ジョグシャトル搭載USBキーボード『GR100』
透明な美しさをデスクに! クリスタルデザインのワイヤレスフルキーボード

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。