体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

北米公開も大決定! 美しいほどグロい『KILLERS/キラーズ』モー・ブラザーズ監督インタビュー

カルト的人気映画『冷たい熱帯魚』『凶悪』と、ハリウッドリメイクも決定しているインドネシアの傑作『ザ・レイド』の製作陣が贈る、空前絶後の劇毒エンタテインメント『KILLERS/キラーズ』。東京とジャカルタを舞台に、インターネットを通じて出会ったサイコキラーたちが、想像を絶する世界に導くサイコサスペンスです。

世界最速となる 2月1日に日本公開された後、2月6日(現地)にインドネシア公開がスタート。現地インドネシアでは、北村一輝さん演じる野村に多くの観客が心酔&熱狂、『KILLERS/キラーズ』の狂気は、早くも日本からインドネシアへ感染中です。

そして、日本、インドネシアの公開に続けとばかりに、イギリス、フランス、ドイツ、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、タイ、ベトナム、トルコ、香港での全世界公開が決定していた中、さらに、北米での配給が決定! 北米配給権はWell Go USA Enatertainmentが獲得し、2014年公開を予定しているとのこと。

本作を手がけたのは、ティモ・ジャヤント&キモ・スタンボエルの2人から成る“モー・ブラザーズ”。製作総指揮を担当した『ザ・レイド』ギャレス・エヴァンスが太鼓判を押す新進気鋭のクリエイターです。今回はモー・ブラザーズのお2人に映画制作秘話や、ホラーファン必見の「オススメのホラー作品」など色々とお話を聞いてきました。

【関連記事】『KILLERS/キラーズ』でサイコキラー役を熱演! 北村一輝インタビュー「日本には無い独特の熱を感じた」
http://horror2.jp/3692

――ハンマー、ゴルフクラブ……色々な道具を駆使してサイコキラーの野村が殺しまくる、この映画。かなり痛くて衝撃的でした。インドネシアではこの様なゴア描写の多い映画が人気なのですか?

ティモ:インドネシアは検閲が非常に厳しくて、『KILLERS/キラーズ』のゴアシーンの多くはカットされてしまうと思います。日本の場合は監督とプロデューサーが相談しながら「このシーンはこれくらいにしておこう」と言った事前の相談があって、ある程度納得出来る作品が作れますが、インドネシアでは「キスシーンは2分以内」など、検閲する側の考えでどんどん映画が変えられてしまうんです。

キモ:僕らの過去の作品もゴア描写が多かったから、ばっさりカットされるのはある意味慣れているんだけどね(笑)。

――野村というキャラクターが本当に強烈でしたものね。

ティモ:極端ではあるキャラクターではあるけど、「日本人」のイメージで作ったんだ。日本のマジメで潔癖性で毎日ものすごくはやいスピードの中で暮らしている人が、何かのきっかけで感情が欠如してしまう事があるんじゃないか? と想像して、それをギュッと凝縮したのが野村という人物なんだ。

キモ:そんな野村を北村さんが演じてくれてとても感謝しているんだ。複雑で難しいキャラクターを彼はすぐに汲み取ってくれたからね。

――そんな北村さんは監督お2人の事を「絶対に変態だ」って言っていましたよ(笑)。

キモ:北村さんがそうおっしゃってくれているなら褒め言葉として受け取っておきます(笑)。

ティモ:北村さんは英語のセリフも本当に頑張ってくれたんだ。この映画の面白いところは、英語、日本語、インドネシア語が混在している所であり、スリラーというのは言語を越えて色々な国の人に理解してもらえる所だと思うんです。日本という凝縮された特徴的な街はもちろん、ジャカルタというあまり知られていない街が出てくるのもユニークなポイントだよね。でもそれが、例えばフランスとドイツでも良いし、他の国が舞台でも作る事が出来る。それは2人のキャラクターがそれぞれしっかりと出来上がっているからだよね。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。