ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【五輪】ソチ五輪の開会式で輪っかを作るのを失敗した人が死亡という記事が流れる 多くの人が信じツイートで拡散

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ソチ五輪の開会式で輪っかを作るのを失敗した人が刺されて死亡という報道が海外のサイトで行われている。そのサイトは『The Daily Currant』というサイトで“Man Responsible For Olympic Ring Mishap Found Dead In Sochi”という見出しで掲載されている。

記事の内容を要約すると「輪っかは本来全て開くはずだったが、その内1つが開くことが出来ず失敗してしまった。その責任者であるボリス・アヴデエフが自分の部屋で刺殺されているのが発覚」と書かれている。

しかしこの記事はフェイクサイトに掲載されたもの。『The Daily Currant』は日本で言うところの『虚構新聞』である。風刺ネタを扱いフェイク記事を掲載し続けている。しかしそれに騙された人が数多くおり、今では記事に対して約8000ツイート行われている。

その書き込みの一部を掲載。


・ロシア怖ぇーーー!!
・これ!英語だけど、担当者ソチでなくなりましたって書いてるよ!
・プーチン怖すぎンゴ…
・やはり。。

このように、少しブラックだが風刺のせいもあり信じてしまった人も居るようだ。なお、サイトの「About」の箇所に「記事は架空のものです」と書かれている。

Man Responsible For Olympic Ring Mishap Found Dead In Sochi(英文)

※画像は『The Daily Currant』より引用。

<この記事に対するコメント&ツイート>
・ガセらしいですw
・じっさいソースは虚構みたいなサイトなのでネタですよ
・風刺サイトのデマを信じた人が拡散しちゃったらしい
・あ、やはり現地の虚構新聞的なやつらしい(^^;
・と、思ったらフェイクサイトかよ!!! あーだまされた・・・
※みなさんのコメントやツイートを記事公開後に追記しております。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP