ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北朝鮮産のOSが登場! しかしどうみても『MacOS X』のパクリ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

北朝鮮が自国産のパソコン用OS(オペレーティングシステム)を開発したと発表。そのスクリーンショットも掲載されており、名前は『Red Star(赤星)』。現在はバージョン3でまだまだ開発が進められている段階。

しかしその外観がどう見ても『Mac OS X』にそっくりなのである。また以前のバージョンは『Windows 7』にそっくりだったようでオリジナル製は皆無だという。このOS、元はLinuxのRedhadディストリビューションを元に作られており、2010年頃に北朝鮮で数多く使われるようになった。
そのときのバージョン2.0は、先ほど書いたように『Windows 7』のような外観で、今回のバージョン3では『OS X』に酷似しているものとなった。

Dockトレイにはアップルロゴは無くオリジナルの赤いロゴがあるのがわかる。また起動時にはオリジナルのロゴ見られ、また言語もハングルとなっている。見た目は『OS X』だが、メールアプリなど部分的に異なるものもある。
Linuxの『X window』に『OS X』風スキンをつけたような『Red Star』。今後はどのようにバージョンアップするのか気になるところである。

North Korea’s Red Star OS goes Mac(North Korea Tech)

※画像は『North Korea Tech』より引用。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP