ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スクエニ社長がファミ通レビューに衝撃発言「あー言っちゃった」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

スクウェア・エニックスの代表取締役社長・和田洋一氏が、週刊ファミ通のゲーム批評コーナー『クロスレビュー』に対して衝撃的な発言をし、ゲームファンたちの注目を集めている。『クロスレビュー』は、週刊ファミ通の編集者や外注ライター4人が来週発売されるゲームソフトを発売前にプレイし、1~10点でゲーム内容を評価するというもの。ゲーム内容に関する感想も短いながら掲載される。

和田社長はインターネットコミュニケーションサービス『Twitter』で『クロスレビュー』に対して言及。「ファミ通の評価をどう思いますか?」というゲームファンの質問に対して、「活かすための読解力でしょうか^^  この人がこういうトーンで書いているという事は・・・とか。あー言っちゃった」と返答している。

つまり、どのレビュアーがどんな意図を持って感想文を書いているのか、レビュアーのキャラクターを考慮しつつ、感想文から意味を読み取る事が重要と言いたいのだろう。『クロスレビュー』は4人のレビュアーが同時に同作品をレビューしている。10点の人もいれば、7点の人もいるわけだ。そうなると、誰のレビューを信用していいのかわからないことがある。

点数だけでなく感想文からレビュアーが伝えたいことを深く読み取ることができれば、点数だけでは知ることができないゲームの本質を知ることができるかもしれない。週刊ファミ通の『クロスレビュー』はゲーム購入者の評価とかけ離れている点数や評価の場合があり、「もう信用しない」という読者まで現れているほど。

和田社長のように『クロスレビュー』から点数以上の情報を知ることができれば、「10点満点のクソゲー」をつかまないで済みそうである。

和田洋一氏のTwitter発言

■最近の注目記事
16歳の高校生男子が悲しみの告白「デキ婚だけは絶対にしたくない!」
巨乳すぎる女子フィギュア選手がセクシーすぎると話題
マクドナルドのポテトがSもMもLも150円になるヨ!
牛丼の吉野家で「もりそば」と「天丼」を食べてみた
ガジェット通信流お好み焼きレシピ大公開! メチャ美味しい

apo mekhanes theosの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP