ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

悪人が善人を駆逐する(2) 「野蛮」と「文明」(中部大学教授 武田邦彦)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今回は武田邦彦さんのブログ『武田邦彦(中部大学)』からご寄稿いただきました。

悪人が善人を駆逐する(2) 「野蛮」と「文明」(中部大学教授 武田邦彦)

このブログは、社会に起きていることを「科学的・論理的」に見たら、どのように見えるのだろうか? 人間の歴史を見ると、「街角を歩いている女性を捕まえて「台風が来たのはお前のせいだ」と言って「魔女の火あぶり」で殺す」ということはつい最近(500年ほど前)まで行われていた。理由もなく捕まえて首をはねるというのも普通に行われていた。

私はこれを「野蛮な行為」と思っている。人間が人間らしく(少なくとも頭脳の発達した動物らしく、科学的・論理的な行動)生きていくためには、また日本が他民族に不当に支配されることなく、子供たちが幸福に生きるためには、日本社会の「野蛮性」をできるだけ除くことが大切と思っている。

「野蛮」の反対は普通「文明」という言葉が使われる。日本は見かけは確かに「文明国」だが、その中で行われていることはそれほど文明的なことではない。たとえば、お金を送るときに「銀行振り込み」という手段があるのに、見つかるとまずいからということで鞄に現金5000万円を詰め込み、膨大な税金を使っている東京都議会で「詰められる、詰められない」と論争しているのだか、これを「文明国」ということはできない。

「なんで現金で運んだのですが?」と聞けば、文明国なら「悪いことをしようとしたので」と答え、「都知事として恥ずかしいので辞職します」というのが文明というものだろう。

「政治にはいかがわしいお金が必要だから」という気持ちが都議会にも日本社会にもあって、それが野蛮な言動を引き起こしている。「政治にはいかがわしいお金が必要」というのは、イコール、「野蛮」ということだ。

地方の議員が、近くの人にご馳走して投票を依頼するのとなんら変わらない。でも、都知事選挙では「選挙法に基づく正しい選挙をしなければならない」とか、「都知事は重要な職であり、みんなから尊敬され、所得も多いのだから、普通の人が選挙法を守るより、より「文明的」な言動が求められる」というような初歩的なことも守られない。

守られないというより、社会全体が暗黙のうちに・・・これが私が嫌いな「空気」というものの一つだが・・・「政治に金が絡むのは仕方がない。政治家になるのはお金を儲けたいためだ。そうでなければ選挙で土下座はできない」と認めているからだ。

そして、「都知事は正当な所得(都知事報酬)だけで、都知事としての仕事を全うしたい人だけが立候補すべきだ」という文明的な意見は、野蛮な社会では「青二才」として排斥される。今の日本はその状態にあると私は思っている。

生活が厳しく餓死する人が多いような場合は、命を守るために人間は野蛮になるけれど、「豊かで野蛮」というのは恥ずかしいことだ。そして今まで全体から見ると「文明国が繁栄し、野蛮な国が亡びる」という経験から見て、日本社会を少しでも文明的にしておくことが日本の子供たち(これから50年後)のためにやっておかなければならないと思うからだ。

野蛮な社会では、悪人が良い人を非難したり、殺したりする。それは日本社会で日常的に行われている。

執筆: この記事は武田邦彦さんのブログ『武田邦彦(中部大学)』からご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2013年12月28日時点のものです。

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP