ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Wi-Fi活用でシェアハウスは大盛り上がり 鉄道模型愛好家が“ウチ充”する姿にほっこり

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


「ウチ充(じゅう)」――あまり聞き慣れない言葉ですが、ウチ(家)の中の生活を充実させたい“ウチ充”を応援するという“ウチ充普及応援プロジェクト”が、鉄道模型(Nゲージ)愛好家が集まるシェアハウスへの潜入取材の様子を紹介しています。スマートフォンを手に動画を撮影したりシェアして盛り上がる姿は、見ている人をなんだかほっこりさせてくれますよ。


ユニークなコンセプトで暮らしたい人同士をつなげるサービスを提供するColishが運営する、Nゲージファンのためのシェアハウス“ナインステージ”にて行われた今回の取材。広いリビングにはドーンと鉄道模型が走行する線路が敷かれ、テレビには車窓映像が流れる中、談笑する鉄道模型ファンたち。


最近の鉄道模型ファンに欠かせないアイテムがスマートフォン。1人が実車を撮影したかのように臨場感のある鉄道模型の動画をスマートフォンで撮影し、「よし、これだ」「うーん、美しい」「ちょっと嬉しかった」とご満悦。


撮影した動画を「みんなで見ましょうよ」ということで、『YouTube』にアップロード。Wi-Fiに接続したスマートフォンから、9.5MBの動画が数秒でアップロードされます。


『YouTube』に公開された動画をすぐにスマートフォンで再生する鉄道模型ファンたち。「きたきた」「きれいー」「これいいじゃないっすか」と皆が喜ぶ中、1人浮かない顔をした人が。


「3Gおっせえなー」と、まだ動画が再生できていないようです。「まだ見れてないの?」「Wi-Fiつないでみれば?」と促されます。



Wi-Fiに接続すると、すぐに動画の再生がスタート。「これこれこれ」と喜んでいると、同じ画面を見ながら「すれ違う、すれ違う」「ここ見て、これ、ここ。美しいよね」「滑らかじゃん、動きが」とスムーズな動画再生に一同で盛り上がります。





同じ趣味で集まり、語り合う“ナインステージ”の鉄道模型ファンたち。みんな実にいい表情をしているんですよねえ。「ウチ充」の意味がなんとなく分かってきたような気がします。


最後はみんなで「ウチ充、始めました。」のコール。みなさんの笑顔からもわかるように、ウチ充するにはWi-Fi環境、“ウチWi-Fi”がなくてはならないアイテムということのようです。ウチ充普及応援プロジェクトでは、ほかにも言語学習型シェアハウス“家中留学”へも潜入取材をしています。皆さんのおウチでも、人が集まったらWi-Fiを共有して“ウチ充”してみてはいかが。

コンセプト型シェアハウスに潜入取材!! ~鉄道模型愛好家「ナインステージ」の場合~(YouTube)
http://youtu.be/McH0rCGyTuU

画像:『YouTube』より引用

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP