体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

千原ジュニアの許せない話と、矢作兼の許せない話の違い

ogiyahagi

むかつくことや不快なことっていっぱいある。でもそれをそのままぶつけるのではなく笑いに変えられれば、そのむかつきや不快感も軽くなるんですよね。今回はncat2さんのブログ『無農薬有機お笑いブログ』からご寄稿いただきました。

千原ジュニアの許せない話と、矢作兼の許せない話の違い
先日、テレビ番組『人志松本の○○な話』の『許せない話』で千原ジュニアが披露した許せない話が、2chなどで批判の的になった*1 という。その内容がこちらだ。
———
つい先日、ちょっとまあ、ひと悶着(もんちゃく)、ってわけでもないんですけど、まあ美術館で、まあ……絵を、見てたんですよ。ほんでバーッと、まあ、見てたんです。で、何気なく『フリスク』を、一個ね、食べるや否や、
「(強い口調で)ご飲食はおやめくださーい!!」
……え? いやいやいやいや。……『フリスク』ですよ? 「ご飲食は禁止されてるので、おやめくださーい!!」。……おいまじか? お前それマジで言うてんの? じゃああそこのおっさん爪(つめ)かんでるな? あれ、注意せいと。「(係員の真似で変な顔しながら)うぅうぅん……」。なんなんでしょうあのマニュアル。ハンバーガーそれこそ食うてるなら分かりますよ。『フリスク』ですよ。もう愕然(がくぜん)としましたよ。
———
言っていることは分かるが、やはり私も「それは自分のルールを強制しすぎじゃないか?」と感じた。それが絶対正しいってわけでもないし、そもそもひと悶着(もんちゃく)起こすのって常識なくない? のような印象を持ってしまう。もっとどうにかならないかねえ? と思っていた。

そしてその数日後、おぎやはぎのラジオ番組『メガネびいき』で、おぎやはぎの矢作が、「許せない話があった」という触れ込みで一つの話をした。そしてその話し方が、非常に常識的かつ紳士的で、なおかつおもしろいものだったため、ここで紹介したいと思う。
ラジオ冒頭、何かエピソードある? という話題から。
———
矢作:兼矢作の許せない話的なのありましたよ。
小木:(笑)
矢作:人志松本の許せない話じゃないですけど。
小木:うん、兼矢作のほうの。
矢作:これちょっと、これラジオでちょっと話そうかなって、途中タクシー乗ってるときに思ったくらいですよ。
小木:おーそこまで。
矢作:うん。
小木:ラジオで言うのもちょっとヤバいんじゃないかくらいの。
矢作:いやいや、やっぱ、ラジオっていうのはね、僕結構タクシーに乗るたびに、五人に一人二人くらいに言われますからね、『JUNKラジオ』聞いてるって。
小木:聞いてるって? ああそう。
矢作:それくらい運転手さん聞いてるんでね。
———
そしてここから、こんな話をする。CMの撮影で調布に行かなきゃいけない。しかし、車を点検に出していたため、タクシーで行くことにした。ちゃんとしたルートで行けば15~30分で着く。正しいルートだと、永福町という入り口に側道から行かなきゃいけないが、運転手は上に乗ってしまった。そこで運転手は、「やっちゃった」と言いミスを認めた。

そこから、運転手はそこからスピードを上げ、「このままじゃいけないから、高井戸から乗ります」と言った。でもそのとき、矢作は「高井戸からは、降り口しかなくて乗り口ないんじゃないか?」と思ったという。そして、ある程度走ったところで、高井戸に着く前に、急に細い道に入って戻り始めた。「どこ行くんですか?」と聞くと、なんと、一回無視した。もう一度、「高井戸、乗り口ないですよね?」と聞くと、運転手は「ありませんでした!」と返事。戻ったあと、ちゃんとナビを見て進み始める。しかし、また、ミスを。ナビに「左に曲がります」と言う表示が出ていたが、気づいたときには左に曲がるポイントを過ぎていた。急いで次の曲がり角で左に曲がったが、駅のロータリーでそれ以上進めなかった。さらに、何とか進んだ後にあった踏み切りも、上に越せるところがあるのに下から行き、踏み切りで10分くらい待ったと。結果ものすごいロスをしたという。
———
矢作:で、この感じをどうするんだろうと。俺(おれ)も途中で、これ酷(ひど)いなーと思いつつ、運転手さんに注目してたわけ。
小木:はい、そこちょっと委ねたいよね、どうすんのかなと。
矢作:一応三十分で着くところを、一時間十分かかってます。
小木:あららら。
矢作:はい。
小木:確かに結構な遅刻でしたよ、あのときは。
矢作:そうですそうですよ。で、料金、8210円なんですが、私、これはもう怒るとかはしませんよ。ね。委ねました! なんて言うか。
小木:どうくるかだよね。
矢作:どうくるかですよね。で、待ってたら、レシート、バーって出して、特に何も言わない。
小木:お、レシートだした?(笑)
矢作:出しました。で、特に何も言わない。
小木:うん。
矢作:で、何も言わないから、まず8000円、出しました。
小木:うん。
矢作:したら、「あ、210円結構です」。
二人:(笑)
矢作:いやいやいやと。
小木:うわうわそれ、いらっとするわー。
矢作:僕もそんな、まけろとは言わないですよ。ただこれは本人のね、別に、例えば、半額でいいですよ、とか。
小木:普通はなりますよ。
矢作:なんせ1時間10分かかってますから。
小木:すごいだってね、ロスをしてるわけだから、もしかしたら穴あけちゃう可能性ったわけだ、仕事によっては。
矢作:そうですよ、でも僕一切言わなかったですよ。
小木:でもね、仕事で使ってるって分かってるわけだから、半額か、まあなしでもいいって言ってくれるのもいいですよね。そのくらいの気持ちは欲しいですよね。こっちも「それは悪いですよ」、っていいますけど。
矢作:そうなんですよ、それもちょっと210円まけたことを、「いいっすよいいっすよ」的なノリなのよ。
小木:うわーむかつくわー。
矢作:これちょっと許せる?
小木:許せない。だってそのロス自体210円どころのロスじゃないもん。
矢作:いや、俺(おれ)はその時間とその価値を考えたら210円じゃないと思うよ。
小木:全然違うと思います。
矢作:でもこっちからはいえないよ。
小木:いえないねえ。
———
サラッと出ている、「この後仕事で遅刻になっている」ということを、運転手に言っていない、というところがさりげなくすごい。大人。ここから、ヤバイ!ってなってるときに、運転手が「矢作さんってゴルフうまいんですよね~」とご機嫌取りしたのが更に腹が立ったという話。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。