ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

声優・阿部敦と代永翼が体を張るラジオ! 『あべながの野望~他力本願の変~』クリスマスパーティー公開録音レポート

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


声優の阿部敦さんと代永翼さんがお送りする、リスナーだよりのラジオ番組『あべながの野望~他力本願の変~』。今回は12月14日と21日に放送されるクリスマスパーティー公開録音の模様をレポートする。『あべながの野望~他力本願の変~』は、今年『Free!』の葉月渚役が大きな話題となった声優の代永翼さんと、『とある魔術の禁書目録』シリーズの上条当麻役などで知られる声優の阿部敦さんが本気でリスナーに頼って放送しているラジオ番組。今回の公開録音では、10人のリスナーを招いてのクリスマスパーティーが開催された。

代永さんと阿部さんはそれぞれサンタとトナカイのコスプレ、番組アシスタントの北原知奈さんはスノーマンの帽子を被って登場。思わぬ衣装での登場に、会場で待機していたリスナーたちは喜び、3人を拍手で迎えた。

この日は収録スタッフもサンタ帽を被り、クリスマスムード漂うスタジオの中で収録が行われた。

今回はクリスマスにちなんだ企画が2種類用意された。第1部は、クリスマスっぽい料理を3人で食べるコーナー。『あべながの野望』では、ラジオであるにも関わらず、何故か体を張った企画が多い。そんな番組で普通においしい料理を食べられるわけがない、というのをパーソナリティもリスナーも、もちろんスタッフもわかっているのである。

ブースに用意されたおいしそうな料理の中にはなんと“からし”が仕込まれているのだ。それぞれ3つずつ用意された料理を、会場に来たリスナーさんに選んでもらうというなんともリスナーだよりのロシアンルーレットが今回の企画の趣旨。見事、からしを的中させてしまったのは一体誰なのだろうか?こちらの様子は放送をお楽しみに。

また、第二部ではシチュエーションに沿ったバーチャルデートを阿部さん代永さんが男女を入れ替わりつつ演じた。こちらは、いつ、どこで、どんな風に、という3つの設定に対してそれぞれクジを引いていき、出来上がったシチュエーションを演じるというもの。リスナーから寄せられたそれぞれの設定がバラバラにミックスされ、相当にカオスな寸劇が展開された。笑いあり、困惑あり、赤面ありの寸劇をお楽しみに。

「他力本願なところが魅力」 リスナーに聞いてみた!

今回は、普段番組がお世話になっているリスナーさんがせっかくいらっしゃっているので、『あべながの野望』の魅力と本日のイベントについて感想を聞いてみた。

――番組の魅力は?
「他力本願なところです!(笑)」

――普段はどのように聞かれていますか?
「リアルタイムで聞いていますが、ポッドキャストも聞いています」
「放送で流れなかった部分もポッドキャストに含まれているので、どちらも聞いています」

――今日参加してみていかがでしたか?
「録音風景がすごく気になっていたので、来られてよかったです」
「ブースとのかけあいも観られたし、声優になりたいと思う人にとってもいい経験になったと思います」

普段なかなか見られない、ラジオの裏側の光景を垣間見ることができ、とても満足気な様子のリスナーさんたちであった。第1部で“あの人”にからしを食べさせよう、というのを暗黙の了解で察知し、初対面同士であるにも関わらず一致団結して食べさせるものを選ぶなど、普段同じ番組を聞いている者同士通じ合う部分があったに違いない。1部と2部の間の休憩時間には、リスナー同士でわいわい談笑する姿が見られるなど、このイベントを通して仲良くなっていく様子も見られた。

そしてなんと、番組では素敵なクリスマスプレゼントも用意されているとのこと。果たしてどんなプレゼントが用意されているのだろうか?気になる方は、土曜25時からの『あべながの野望~他力本願の変~』をお楽しみに!

声優塾 Presents『あべながの野望~他力本願の変~』放送情報
放送日時 毎週土曜25時00分~25時30分
(今回の模様は12月14日、21日に放送)

声優塾公式Twitter
https://twitter.com/seiyujuku[リンク]
あべながの野望~他力本願の変~ 公式サイト
http://www.tfm.co.jp/podcasts/ya/

srbnの記事一覧をみる ▶

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP