ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

超小型iPhone&iPod専用補助バッテリーが使いやすい!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ib2

iPhoneは非常に便利な情報端末だが、とにかくバッテリーがすぐに切れて安心して使えない。多くのiPhoneユーザーがそう思っているのではないだろうか? そして、面倒とは思いつつもさまざまなメーカーから発売されている補助バッテリーを持ち歩いているのではないだろうか?

当編集部の記者もiPhoneのバッテリーがすぐに切れてしまうことを悩ましく思っていたが、かさばる補助バッテリーをどうしても持ち歩きたくなかったため、今まで一度たりともiPhoneの補助バッテリーを購入したことはなかった。iPhoneの電池ができるだけ減らないように外出時はWiFiをオフにしたり、バックライトを最低の暗さにしたり、さまざまな工夫をしていた。

だが、「持ち歩いてもいい」と思える補助バッテリーの存在を知ることができたため、さっそく補助バッテリーを持ち歩きつつiPhoneライフを送っている。その補助バッテリーは『プロテック iWALK モバイルバッテリー for iPhone&iPod PIB-800BK』という商品で、iPhoneのコネクターに接続して充電するのだが、これがまた非常に小さい。横幅はiPhoneとほぼ同じで、縦幅もあってないようなもの。

ib1

商品名: iWALK(アイウォーク)バッテリー
サイズ: 61 x 31.5 x 17.5mm
容量: 800mAhリチウムイオンバッテリー
販売会社: PROTEK

使用できるiPhoneやiPodは、iPhone 3GS/3G、iPod touch/2G、iPod nano 4G/3G/2G、iPod classic 120/160/80GBとなっている。メーカー発表ではiPhoneを60パーセント充電できるとしているが、実際は40~50%といったところ。確かに充電できる容量は少ないが、あくまで電池が切れたときの緊急対応用と考えればかなり重宝するアイテムである。

『プロテック iWALK モバイルバッテリー for iPhone&iPod PIB-800BK』を充電する方法は簡単で、パソコンのUSBにケーブルを使用して接続することで充電が可能だ。搭載されているランプで充電さてれいる電力量がわかるのも嬉しい。実売価格が2950円なので、iPhoneの電池がすぐになくなって困っているという人は、バッテリー切れの緊急回避のためにひとつ手に入れてみてはいかがだろうか?

ちなみに、世間ではiPhoneが完全にバッテリー切れになってしまうと充電できない補助バッテリーが売られているようだが、『プロテック iWALK モバイルバッテリー for iPhone&iPod PIB-800BK』は完全に電力がなくなっているiPhoneも充電できるスグレモノだ。ちなみにこの記事は決して記事広告ではない。あまりに便利だったので紹介させてもらった。

■最近の注目記事
超小型iPhone専用補助バッテリーが使いやすい!
ファミ通編集者が大好きなカレー屋に行ってみた
Amazonは反エコロジーな意味で「かなり異常」
GACKTマジギレ「ふざけんな。馬鹿メディアども」
ガジェット通信流・お好み焼きレシピ大公開! 革命的美味しさ!

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。