ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

宮内庁と共産党の国会漫才(あるいは宮内庁の反知性主義について)

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
kunaicyo

真実を知るチャンスが目の前にあるのに、それを阻害されていたというのは、やはり納得いかないです。「私も邪馬台国の謎(なぞ)を知りたい!」今回は罪山罰太郎さんのブログ『俺(おれ)の邪悪なメモ』からご寄稿いただきました。

宮内庁と共産党の国会漫才(あるいは宮内庁の反知性主義について)
「国会漫才」というタイトルにひかれてこのエントリを見てる方も多いと思いますが、その面白さを味わう為にやや予備知識が必要です。まずは、宮内庁と古代史の話に少々お付き合い下さい(これ自体、多くに人にとって興味深い話だと思います)

実は俺(おれ)、日本の古代史に結構うるさいんです。で、日本の古代史といえば「邪馬台国ってどこにあったの?」という大変メジャーなナゾがありますよね。近畿説と九州説が有名ですが、他にも千葉説(!)、エジプト説(?!)なんて珍説もあり、現在も論争が続いています。最近ではドラマにもなったヒット小説『鹿男あをによし』が邪馬台国近畿説に基づいたお話で、個人的にとても興味深く読みました。

ところで。

この邪馬台国の所在を明らかにする研究を宮内庁が(事実上)邪魔してるってみなさんはご存じでしょうか?

奈良県に箸墓(はしはか)古墳という古墳があるんですが、これは邪馬台国の女王・卑弥呼(ひみこ)の墓の有力候補の一つなんです。ごく簡単にその根拠を書けば、以下の通りです。
* 古墳の状態やその周りからの出土物が、邪馬台国のことを書いた『魏志倭人伝(ぎしわじんでん)』の記述と一致する
* 古墳の築造年代を測定したら、卑弥呼(ひみこ)の没年とほぼ一致した

これらの根拠を否定する意見もあるのですが(当然ながら、九州説を唱える人は否定的です)、多くの研究者や古代史ファンが注目している古墳であることは間違いありません。「箸墓(はしはか)古墳=卑弥呼(ひみこ)の墓」説を肯定するにしろ否定するにしろ、この古墳を詳しく調べてみるっていうのは、邪馬台国の研究を進める上で大きな意味があるのは間違いないでしょう。

とーこーろーがー。

今現在、この古墳には研究者が立ち入ることができず、内部の詳しい調査もできないのです。なぜなら、宮内庁がこの古墳は古代の皇族の墓であるとして、部外者の立ち入りを禁止しているからです。

もちろん宮内庁が卑弥呼(ひみこ)が皇族だと主張してるワケではありません。宮内庁の見解ではこの古墳は第7代・孝霊天皇の娘のヤマトトトヒモモソヒメノミコトさん(長いので以降モモちゃんと書きます)の墓なのです。

最近、id:y_arimさん(http://d.hatena.ne.jp/y_arim/)がこんな↓エントリを書いてましたが

個人的に「天皇はいらない!」と思う理由 – ビジネスから1000000光年
http://d.hatena.ne.jp/y_arim/20100102/1262436851

宮内庁は「陵墓の静安と尊厳の保持」を理由に天皇家の墓と思われる古墳を管理して立ち入り禁止にしてるんですね。まあ「天皇はいらない!」とまで思う人は少数でしょうが、天皇家の墓だからといって学術的な調査をさせないのは、非合理的だと思う人は多いと思います。俺(おれ)もその一人です。

が、この話、本当にあきれるのはこの先です。

実は、宮内庁が箸墓(はしはか)古墳に眠ってると主張するモモちゃんって架空の人物なんですよ*1。”最初の方の何代目かまでの天皇が実在しないらしい” という話は知ってる人も多いと思います。モモちゃんのパパの孝霊天皇はその代表選手で、「欠史八代」と呼ばれる特に存在が疑わしい天皇の中の一人なんですね。その娘なわけですから、モモちゃんもいなかったと見るのが一般的です。

つまり、宮内庁は実在しない(可能性が極めて高い)人物の「陵墓の静安と尊厳の保持」の為に、古代史上の重要な研究を許さないのです。

あきれちゃいますよね?アメリカの進化論裁判とか全然笑えないと思います。もしかしたらここまで読んで「そうはいっても、宮内庁としても天皇家を守る為にやってることなんだろう」と思う人がいるかも知れません。

でも、俺(おれ)は断言しますけどそれは違います。

これだけ頑なな態度を取りながらも、彼らが本気で天皇家や天皇家の墓を守る気がないことが明白な事例もあるのです。第26代継体天皇という、日本の皇統を考える上で大変重要な天皇がいます。この天皇は先ほどのモモちゃんのパパと違って、ほぼ間違いなく実在したと考えられている天皇です。何が重要なのかといえば、この継体天皇のとき、男系の皇統が一回途切れて女系で継承された疑いがあるんですね。皇室典範改正が議論されたとき「万世一系」という言葉が踊りましたが、これは結構デリケートな話です。

そんないわくのある天皇の陵墓は、さぞ厳重に守られていると思いますよね?

ところが、違うんです。考古学者の間で継体天皇陵として定説となっているには大阪の今城塚古墳ですが……なんと、この古墳にはだれでも自由に入ることができて地元の人の散歩コースになっているのです!おまけに少し前までは古墳の外濠(そとぼり)が釣り場になっていました*2。そして、当たり前のように発掘調査も行われています。

大変結構なことだと思いますが、なぜ宮内庁はこの古墳を見逃してるのでしょう?

タネを明かしましょう。実は宮内庁は、同じく大阪にある太田茶臼山(おおだちゃうすやま)古墳という別の古墳を継体天皇陵だとしてるんですね。だから、「今城塚古墳? そんなの天皇と関係ないッスよ。散歩でも調査でも好きにして下さい」と、いう姿勢なのです。しかし、太田茶臼山(おおだちゃうすやま)古墳は出土物の年代が合わないので、継体天皇陵ではないことがすでに分かっています。その一方で、散歩コースの今城塚古墳が継体天皇陵である可能性は非常に高いのです。

つまりこういうことです。

宮内庁は天皇の墓でないことが確実な古墳の静安と尊厳を守りつつ、天皇の墓であることが確実視されてる古墳が大阪のおばちゃんの足蹴(あしげ)にされてることを看過している。これが現代の “王の墓守” の姿です。

宮内庁が採用している陵墓の比定*3は、江戸から明治にかけて行われたもので、現在の学識からすると明らかにおかしいものが少なくありません。継体天皇陵の他にも、先のid:y_arimさんのエントリで紹介されている平城天皇陵(平成天皇陵じゃないよ!)なども「これ絶対違うよね(笑)」ということで学者の見解が一致していますが、宮内庁は改める様子がありません。古墳の調査について、宮内庁は非常に反知性主義的態度を示し、「己の間違いを正したくない」というエゴを丸出しにしてるのです。

はい、ここまでが前フリです。これを踏まえて、タイトルにある「国会漫才」の話をします。

実は上記のような、宮内庁の「おかしさ」を共産党の衆議院議員・吉井英勝センセが国会で指摘しているんですね。

宮内庁 VS 共産党って直接対決じゃないですか!(何の?)

ところが、この対決はまるっきり議論がかみ合わず、漫才みたくなってるんですね。吉井センセが共産主義者らしく唯物史観的なツッコミをかますのですが、宮内庁は皇国史観でボケたおすという、異常世界です。吉井センセの質問趣意書と、政府(宮内庁)の答弁書から、抜粋してみましょう。

★吉井センセの質問
———
学術的に重要と考えられる古墳が陵墓として宮内庁に管理され、自由な学術調査の対象になっていない現状は、わが国のみならず東アジアの古代史解明のための障害となっているのではないか。*4
———
(意訳)きみな、古代史解明のために古墳掘らせろや

☆宮内庁の回答
———
(前略)部外者に陵墓を発掘させたり、立ち入らせたりすることは、厳に慎むべきことと考えているが、御指摘の「古代史解明のための障害」が生じないよう、学術研究上の要請にこたえるため、陵墓や陵墓参考地の本義に支障を及ぼさない限りにおいて、保全工事に伴う調査の際の見学の実施や調査結果の公表等に努めているところである。*5
———
(意訳)へいへい。協力させてもらいますぅ。じゃあ調査はワシらが工事のついでにやるとして、部外者の立ち入はあきまへんで、あと結果の公表はワシらの都合で恣意(しい)的にしますんで、あしからずぅ~。

のっけからこれですよ?

吉井センセのド直球のツッコミに対して、自分ルールでボケる宮内庁。全くかみ合ってません。例の卑弥呼(ひみこ)の墓の有力候補である箸墓(はしはか)古墳については、吉井センセが「そもそも、モモちゃんなんていないだろ!」と、唯物史観からすれば当然のツッコミを入れますが、これに対しても宮内庁はさわやかにボケます。

★吉井センセの質問
———
奈良県桜井市にある箸墓(はしはか)古墳は、初期ヤマト政権が成立した時期の最大級の前方後円墳で、邪馬台国の女王・卑弥呼(ひみこ)の墓ではないかとも考えられ国民から強い関心を集めている。宮内庁によれば、箸墓(はしはか)古墳にはヤマトトトヒモモソヒメが葬られていることになっている。ヤマトトトヒモモソヒメは現在の皇室の先祖なのか。そうであれば、その根拠を明示されたい。*4
———
(意訳)ゆうてもな、モモちゃんおらんやろ? 今の皇室と関係ないがな。あるっちゅうなら証拠みせーや

☆宮内庁からの回答
———
宮内庁としては、古代の皇室の歴史については、歴史学者の間でも諸説あるものと承知している。*5
———
(意訳)ああ、はいはい、モモちゃん不在説ね。承知してまっせ。で、それが何か?

★吉井センセの質問
———
宮内庁によれば、ヤマトトトヒモモソヒメは考霊天皇の娘であるといわれている。考霊天皇は何世紀に存在した人物なのか。*4
———
(意訳)きみな、モモちゃん、考霊天皇の娘やゆうけど、そもそもいつのの人なんや?

☆宮内庁からの回答
———
「日本書紀」等によれば、倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)は孝霊天皇の皇女とされているものと承知している。*5
———
(意訳)そりゃ、孝霊天皇の娘やから、孝霊天皇の娘ちゅうことで承知してまっせ。で、それが何か?

「承知している」というのは、宮内庁的には “スベらないボケ” ですね。このあたりからも、宮内庁の面の皮の厚さがうかがい知れます。『仮面ライダーディケイド』の白倉P*6 を彷彿(ほうふつ)とさせますね。

他にもモモちゃんの命日について

吉井センセ「(意訳)きみ、モモちゃんの命日なんて分からんやろ?」
宮内庁「(意訳)ああ、それね、こっちで適当に決めましたがな」

みたいなやりとりもありました。例の継体天皇陵などの、明らかに違う墓についてのツッコミにも、宮内庁は徹底的にボケたおします。

★吉井センセの質問
(前略)
———
太田茶臼山(おおだちゃうすやま)古墳、西殿塚古墳、市庭古墳の被葬者は誰(だれ)であるのか判明しているのか。また、考古学的にみて明らかに時代が正しくない陵墓について宮内庁はどういう見解をもっているのか。宮内庁の比定が考古学的見地から誤っている古墳は、宮内庁の管理から外して文化庁に移管すべきではないか。*4
———
(意訳)きみな、明らかに比定が間違ってる古墳は、間違い認めて、管理を文化庁に移さなあかんで

☆宮内庁からの回答
———
御指摘の「太田茶臼山(おおだちゃうすやま)古墳」、「西殿塚古墳」及び「市庭古墳」は、それぞれ第二十六代継体天皇三嶋藍野陵(けいたいてんのう みしまのあいぬのみささぎ)、同皇后手白香皇女衾田陵(たしらかひめみこ ふすまだりょう)及び第五十一代平城天皇楊梅陵(へいぜいてんのう やまもものみささぎ)として治定している。宮内庁としては、陵墓の治定を覆すに足る陵誌銘等の確実な資料が発見されない限り、現在のものを維持していく所存である。*5
———
(意訳)はて、ワシらが間違っとる? なんのことでっしゃろ? ほうほう、科学的な年代測定? あー、そら関係ありませんなぁ。そんなんでいいがかりつけられても困りますわぁ。まあ、陵誌銘でも出てきたら考えんでもないですけどなぁ。顔洗って出直してもらえますか?

現代の考古学の見地とか全否定ですよ?!
いけしゃーしゃーと「確実な」とかいってますけど、この3古墳の比定が間違ってるのは確実です。アヤしい古墳はもっと腐るほどあるんですが、吉井センセは絶対確実に間違ってるといえる3古墳を挙げてるんですね。それでも認めないわけです。
あと、ちょっと分かりづらいと思うので補足しますが、「陵誌銘が出てくるまで認めない」ってスゴイこといってるんです。一休さんの「屏風(びょうぶ)から虎(とら)を出せ」に近い。

陵誌銘というのは、”その古墳がだれの墓か分かるように記したもの” くらいに考えて下さい。海外では古代の墓にそういうものが一緒に埋まってたりします。ところが、日本の古墳からはほとんど陵誌銘が見つからないので、古墳の比定が議論を呼ぶのです。その上、宮内庁は肝心の古墳を封印して掘らせようとしません。それらを踏まえた上で陵誌銘を出せといってるんですね。ボケたフリしてえげつない。This is YAKUZA!

俺(おれ)が個人的に一番いかがなものかと思ったのは上記の解答を受けて、再度提出された質問趣意書と答弁書のやりとりです。

★吉井センセの質問
———
宮内庁書陵部陵墓課の陵墓調査室には、陵墓調査官をはじめ研究職職員を複数配置している。採用の資格として大学院修士課程を修了した考古学専攻者であることが定められているが、宮内庁書陵部が考古学を専攻した研究職職員を配置する目的と必要性は何か。また、これらの職員に考古学的研究をさせないのか。*7
———
(意訳)きみ、考古学のマスター持ってる若い衆集めてとるの何の為や? 若い衆に研究させてへんの?

☆宮内庁からの回答
———
宮内庁書陵部陵墓課は、陵墓の調査及び考証に関することをつかさどることとされており、御指摘の職員も、考古学に関する知見を生かして、陵墓の調査及び考証に従事している。*8
———
(意訳)若い衆にはちゃんと働いてもらってまっせ。ワシらの為に。

★吉井センセの質問
———
(前略)考古学的知見は、宮内庁による陵墓治定の内容と明らかに時代が乖離(かいり)している。しかし、宮内庁は「陵墓の治定を覆すに足る陵誌銘等の確実な資料が発見されない限り、現在のものを維持していく」という姿勢である。考古学を専攻した研究職職員を擁する宮内庁は、これまでの考古学の学術的成果を無視、あるいは否定する立場に立つのか。*7
———
(意訳)ちょっと待てや。じゃあ、何か? きみら、考古学専門の若い衆を雇ってるのに、考古学の学術的成果を否定しとんのかいな?!

☆宮内庁からの回答
———
お尋ねの趣旨が必ずしも明らかではないが、陵墓の治定についての考え方は、先の答弁書についてで述べたとおりである。*8
———
(意訳)ゆうてる意味が全然分りまへんなぁ。まあ、前からいってるとおり、ワシら間違ってないっちゅーことですわ

これって、宮内庁が若い考古学者を飼い殺しにしてるってことじゃないですか?!考古学でマスター取ったのに、就職先で現代考古学を全否定するような見識の片棒を担がされるってどうなんでしょうね?こーゆーところは戦前のテイストを引きずってる感じで戦慄(せんりつ)します(おかしいのは上だけで、現場はもう少しマトモなのかしらん)。

他にも、吉井センセの質問趣意書では、このエントリではふれていない「百舌鳥御廟山(もずごびょうやま)古墳の発掘で宮内庁と堺市がもめた話」や「仁徳天皇陵の出土品がボストン美術館に流れてるんですけど話」、「津堂城山古墳の石棺を埋め戻しやがった話」など、古代史かじってる人が、笑うか怒る(大抵怒るんですけど)話を次々ツッコミ、答弁書では宮内庁側がひたすらボケたおしています。

吉井センセは共産主義者なのだから、もしかしたら天皇制を空洞化するとかそーゆー意図もあるのかもしれませんが、結果としては宮内庁のアレッぷりばかりが目立っていると思います。

最後に、去年(平成21年)の6月24日の衆議院内閣委員会の議事録から、吉井センセのこの発言を引用しましょう(強調は引用者)。
——–
文化財保護法によって、これは非常に価値の高いものだ、文化財に該当するということがもともと書陵部長の答弁でありましたし、そして、これについては、学術的な観点から古墳に立ち入る行為の規制ということについては法的根拠はない、このことをレクチャーの段階でちゃんと聞いているんですが、今あなたがおっしゃった、よくわかっているんですよ、課長の通牒(つうちょう)は。昔の通牒(つうちょう)の話はわかっているんだけれども、課長の通牒(つうちょう)よりも法律の方が上だから、だから法的根拠はありませんねということだけ確認しているんです。
———

実は、宮内庁が古墳の立ち入りを規制する法的根拠は、どうやらないようなのです。かつて宮内庁の課長がそういう通達をして、それが守られてるということのようです。「今まで突撃して裁判までいった奴がいないから分からない」といった方が正確なのでしょうけど*9、これは吉井センセが打ち込んだくさびです。もしも考古学界のホリエモンみたいな奴が出てきて、強引にどこか堀りに行けば状況が変わるかもしれないのです(仮定の話です。あおってないですよ!)。

また、宮内庁の主張がガタガタなのは言わずもがなですので、そんなコトしなくても非自民の政権が続けば、そのうち掘れるようになるんじゃないかと、個人的には思うんですけどね。

最後まで読んでくれた方、長々とお付き合いありがとうございました。

*1:より正確には「架空の人物である可能性が極めて高い人物」ですけど。
*2:現在は史跡公園にする計画があり釣りは禁止されてます。
*3:だれの墓かを推定すること。ついでにいうと、宮内庁はより確定度の高い「治定」という言葉を好んで使うんですけど、ちゃんちゃらおかしいです。
*4:平成二十一年六月二十九日提出 質問第六一一号「陵墓に指定された古墳の実態に関する質問主意書」より引用。
http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a171611.htm
*5:平成二十一年七月六日受領 答弁第六一一号「衆議院議員吉井英勝君提出陵墓に指定された古墳の実態に関する質問に対する答弁書」より引用。
http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b171611.htm
*6:『俺(おれ)の邪悪なメモ』2010年1月12日「映画館がざわめいた! 映画『仮面ライダーW&ディケイド MOVIE大戦2010』」参照
http://d.hatena.ne.jp/tsumiyama/20100112/p1
*7:平成二十一年七月九日提出 質問第六五七号「陵墓に指定された古墳の実態に関する再質問主意書」より引用。
http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a171657.htm
*8:平成二十一年七月十七日受領 答弁第六五七号「衆議院議員吉井英勝君提出陵墓に指定された古墳の実態に関する再質問に対する答弁書」より引用。
http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b171657.htm
*9:この辺の事情は公職選挙法のネット規制と似てるかもしれません。

執筆: この記事は罪山罰太郎さんのブログ『俺(おれ)の邪悪なメモ』より寄稿いただきました。
文責: ガジェット通信

■最近の注目記事
全能感を維持するために「なにもしない」人達
株主至上主義って?
日本人というだけでは日本で仕事が得られない

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。