ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アカデミー賞公式シェフプロデュースのメニューに注目! 『ウルフギャング・パック PIZZA BAR』赤坂アークヒルズにオープン

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

アカデミー賞公式シェフとして授賞式ディナーの総責任者を務めるウルフギャング・パック氏の新ブランド『ウルフギャング・パック PIZZA BAR』が日本進出し、2013年11月15日に赤坂アークヒルズにオープン。素材にこだわった創作料理と、アメリカの本店を再現した内装が楽しめる新スポットとして注目されます。

ウルフギャング・パック氏は1949年オーストリア生まれ。モナコの『オテル・ド・パリ』やパリの『マキシム』といった三ツ星レストランで修業の後に渡米。1982年にハリウッドの『スパーゴ』の共同オーナー兼メインシェフになり名声を獲得。出演した料理番組が2002年にエミー賞に輝くなど、現在でもアメリカを代表するスターシェフの一人として活躍しています。

既に日本でも『ウルフギャング・パック・カフェ』『ウルフギャング・パック・エクスプレス』を展開している中、アメリカ以外の国での初出店となる『ウルフギャング・パック PIZZA BAR』。内装は木目で統一されており、歩道からの外光を取り入れた開放的な空間になっています。

米国産牛・豚肉や農家直送野菜や産地指定の国産鶏など、厳選された素材を使ったカリフォルニアフュージョン料理の中でも、目玉なのが『ウルフギャング クラシック スモークサーモン』(2200円)。ディルクリームとスモークサーモンを使ったピッツァで、イクラを乗せて提供されます。魚介類を贅沢に取り入れているので、日本人好みの味でもあるのではないでしょうか。

今後は、忙しくて来店できないという人向けにデリバリーも検討しているという『ウルフギャング・パック PIZZA BAR』。場所柄アメリカ大使館が近いため外国人客も多く、日本にいながら本国の気分を味わえるスポットとしても人気を集めることになりそう。アカデミー賞シーズンのメニューにも期待したいところです。

『ウルフギャング・パック PIZZA BAR』赤坂アークヒルズ店

場所:東京都港区赤坂1-12-32アーク森ビル1F
   03-5575-2100
時間:11:00~23:00(ラストオーダー22:30)
   (※ランチ 11:00~17:00)
席数:166席
面積:3531平米
休業日:赤坂アークヒルズに準ずる

『ウルフギャング・パック』日本公式サイト
http://www.wp-japan.jp/

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP