体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

おっきくて強そうなロボが大集合! 『2013 国際ロボット展』リポート

生産現場からエンタメまで、幅広い分野で活躍するロボットを集めた日本最大級のロボット展示会『2013 国際ロボット展』が、11月9日まで東京ビッグサイトで開催されています。

どちらかというと産業ロボットが中心で、一般向けというよりは技術交流と商談の場の趣が強いイベントですが、普段あまり見かけることのない巨大ロボットがガシャガシャ動いている様は、メカ好き男子にとってはたまらないものがあります。今回は会場で注目を集めていたロボットたちを紹介しましょう。

業界最大手・FANUCブースの人気者『ゲンコツ・ロボット』シリーズ。ラインを流れてくるお土産用の菓子をカメラで読み取り、仕分けながら箱詰めするデモが行われていました。個食需要の高まりとともに弁当製造業などからの注文が多くなっています。似たような形をした3本腕の3軸および6軸ロボットは、ABBというスイスのメーカーが持っていた特許権が数年前に失効したため、国内各社も製造・販売するようになり、現在のトレンドとなっているそうです。1本腕のアームロボットと比較すると、腕から手の部分が軽いため圧倒的に速いのが特長。その速さは160分の1秒のシャッタースピードでもブレてしまうほど。反面、精密さと可搬重量では劣ります。

今回の最大最強ロボ、FANUC『M-2000iA』。車のボディも軽々持ち上げる、最大可搬1350kgのアームロボット。床からの高さは5m近くにも。これぞ産業ロボット!

ビジョンセンサと学習機能を備えたアームロボットFANUC『R-1000iA』。ここではデモ用のため、整頓された積み荷を左から右に移し替えているだけに見えますが、雑然と積み上げられた状態でも、ちゃんと認識してきれいに積み上げていくことができるそうです。倉庫とか小売店の出荷現場で活躍中。

センシング技術と知能化技術は今日の産業ロボットの大きなテーマ。三次元メディアのロボット用3次元ビジョンセンサ『TVSシリーズ』は、バラ積みされたパーツを自動ピッキングするための目の役割をするシステム。各社のアームロボットと連携させ、最小限のティーチング(動きを覚えさせること)で作業が可能になります。パーツをつまみ上げる動作には、鳥がエサをついばむ時にも似た生々しさが。これも“不気味の谷”? 第5回ロボット大賞・最優秀中小・ベンチャー企業賞を受賞。

世界中の工場に約1000台の納入実績がある川崎重工業の『BXシリーズ』は、車の組み立てラインを再現したデモを実演。これだけ大がかりになるとティーチングも大変そうですが、CADデータからジョブを自動生成するソフトウェアのおかげで、人が操作する作業はほんのわずかで済むそうです。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。