ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『AKIBA’S TRIP2』で実際の秋葉原と比較してみた! 今回も秋葉原をそっくり再現

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


11月7日にアクワイアから発売されるPlayStation 3、PS Vita用ゲーム『AKIBA’S TRIP2(アキバズトリップ2)』。前作もガジェット通信で紹介したのを覚えているだろうか。今作はハードがPSPからPlayStation 3、PS Vitaとなりよりきれいな秋葉原を描くことができるようになった。

どれくらい再現できるようになったのか実際に秋葉原に行って比較してみることにした。今回検証したのはアクワイアさんから特別に提供頂いたPS Vita版である。

今作の記事はゲームレビューではなくグラフィックの比較にとどめてある。ゲームレビューは後日別途行うのでもうしばらくおまち頂きたい。発売前のサンプルなのでグラフィックが変更される可能性もある。その辺はご理解頂きたい。

※全ての画像(16枚)をご覧になれない方はこちらからご覧ください。

秋葉原電気街口の改札内である。改札の位置や柱の電子広告も再現されている。

電気街口からUDX側に出たところ。今作もUDXは「UD+」という表記になている。その先に、自警団アジトの「モグラ」がある。

向かえに見える大きなビルはベルサール秋葉原である。様々なイベントが行われている場所。

ベルサール秋葉原に近づいたところ。土日ならホットドッグ屋やスターケバブ、メロンパン屋の屋台がいる。

“あきばお~”とその上にあるメイドカフェ。

反対側の“ツクモ”ももちろんある。

“BEAT-ON”。過去に『iPhone5』のモックを販売していた店舗。

中央通りを挟み電気街口方面を見たところ。

中央通りで眺めてみた。よく見ると他社のゲーム広告もあるのがわかる。

電気街口。前作ではこの場所は工事中だったのを覚えているだろうか。

電気街口反対側。ゲームセンターと“ヤマダ電気”。

奥の方を見ると“オノデン”が見える。

“だるまのめ”もあったりする。

アキバ献血ルームもあるのだよ。献血はできない。

交差点のソフマップ。ゲーム内でもスクリーンの映像が動く。

このように秋葉原を再現した『AKIBA’S TRIP2』は今作もかなり力を入れて再現されているようだ。それだけではなく、ゲームの読み込み中にリアル広告が表示されるという面白い演出も見られる。ゲーム内容については後日のゲー評で紹介したいと思う。

上記画像内に見られる「?」の部分は実際にゲームを遊んでみてみなさんで確認してほしい。

【アキバックス】PSPゲーム『AKIBA’S TRIP』実際の場所と比較してきた! 実物にどれだけ似ているか?(前編)

タイトル名 : AKIBA’S TRIP2
対応機種 : PS3®/PSVITA®
ジャンル : アクションアドベンチャー
プレイ人数 : 1人
発売日 : 2013年11月7日予定
価格 : PS3 ディスク版 ¥7,329(税込) /DL版 \6,300
VITA VITAカード版 ¥6,594(税込) /DL版 \5,600
CERO年齢区分 : C(15才以上対象)
開発・発売 : アクワイア
キャラクターデザイン : ぽよよん❤ろっく
OPテーマ : 春奈るな 「TRUE STORY」
公式サイト : http://akbstrip.jp/

©2013 ACQUIRE Corp.

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。