体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「日本人の英語はおかしい」と主張する本の英語がおかしい件について。『日本人のちょっとヘンな英語』

今回はサザえもんさんのブログ『MANGA王国 ジパング』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/446141をごらんください。

「日本人の英語はおかしい」と主張する本の英語がおかしい件について。『日本人のちょっとヘンな英語』

英語は完全に世界共通語の地位を確立し、社内公用語を英語にする会社が出てくるなど、英語の重要度は高まる一方です。良し悪しはともかくとして、日本人の英語熱も高まり、書店には英語学習本があふれています。それと同時に「日本人の英語はおかしい」「ネイティブはそんな言いかたしない」「飛影はそんなこと言わない」とする本もたくさん出版されるようになり、自然な英語を知りたい、という読者に売れているようです。しかし、困ったことに、日本人の英語コンプレックスを利用したそういう本の中に、英語学習の妨げになるようなトンデモ本があるのもまた事実。今回はそういう本を1つ紹介しましょう。『爆笑! 英語コミックエッセイ 日本人のちょっとヘンな英語 セイン先生が目撃したおかしな英語』という超長いタイトルの本です。

「日本人の英語はおかしい」と主張する本の英語がおかしい件について。『日本人のちょっとヘンな英語』

↑管理人も買いました




↑Youtubeにも宣伝動画があります

原案のデイビッド・セイン氏は、これまで何冊も「日本人の英語はネイティブにはおかしく聞こえる」という内容の本を出している人で、「日本人の9割はヘンな英語をしゃべっています!」という文句で日本人の不安を煽り、このマンガも見事に30万部も売れているそうです。「日本人の9割は日常生活で英語を使わないんだから構わんだろ」と言い返したくなるわけですが、そうやって日本人の英語を「ヘン」と言うこの本の英語もかなり「ヘン」なのです。内容をちょっと紹介してみましょう。この本の最初に載っているマンガがこれ。

「日本人の英語はおかしい」と主張する本の英語がおかしい件について。『日本人のちょっとヘンな英語』

おじいさんが外国人に “Hello. How are you?” “My name is Kengo Takahashi.” と言ったら、外国人に “Samurai?” とわけのわからないことを言われたというマンガですが、セインさんの解説によると、このおじいさんの英語が古すぎて、まるで侍時代の英語のように感じられる、ということらしいです。

日本人の英語はおかしい」と主張する本の英語がおかしい件について。『日本人のちょっとヘンな英語』

↑セインさんの解説

つまり、How are you? も My name is… もサムライ並にに古い英語だと言うわけです。100年以上前の英語に聞こえるということでしょうか。それでセインさんはこう解説を続けます。

日本人の英語はおかしい」と主張する本の英語がおかしい件について。『日本人のちょっとヘンな英語』

↑セインさんの解説

1 2 3 4 5 6 7次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。