ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

画質・感度性能・手ブレ補正を強化! ビクター、ハイビジョンメモリームービー『Everio GZ-HM1』発売

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

0240838_01

日本ビクターは、『GZ-HM400』の後継モデルとして、画質、感度性能、手ブレ補正を強化したハイビジョンメモリームービー『Everio(エブリオ)GZ-HM1』を2月上旬に発売します。価格はオープンです。

『Everio GZ-HM1』は、従来機の操作性の良さに加えて、最高画質のハイビジョン動画と高精細な静止画撮影を意のままに楽しめるハイビジョンビデオカメラ。水平解像度1080TV本の高精細フルハイビジョン動画撮影と、画素補完のないリアル10メガ(3648×2736ドット)の静止画撮影を実現しました。業界最高となる“1/2.3型総画素1062万画素”で、裏面照射構造の“B.S.I.CMOSセンサー”を新たに搭載したことにより、感度性能が従来比約220%も向上。室内や夜景などの暗いシーンでも明るく、ノイズの少ないハイビジョン動画撮影が可能になりました。

ビクター独自の『光学式手ブレ補正システム』に加えて、動きながらでも手ブレを抑える『アクティブモード』によって高度な手ブレ補正効果を実現。被写体と一緒に動きながら撮影しても、安定した映像を撮影可能です。また、高感度『ISO6400モード』により、光量の少ないシーンでも速いシャッタースピードでブレを抑えたシャープな静止画が撮影できるほか、0.067秒(1/15秒)間隔で最大6コマの『高速連写』機能も搭載。室内や暗い場所でも速い動きも逃さずとらえる事ができます。

ハイビジョン動画撮影中に動画/静止画の切り替え操作をしなくても、録画映像が途切れることなく画素補完のないリアル5.7メガ(3200×1800ドット)の静止画を撮影することもできます。64GB内蔵メモリーと併せて、最大32GBまで対応するSDカードスロットを使えば最大45時間のフルハイビジョン記録も可能。高画素・高解像度モデル向けに専用に開発した『コニカミノルタHDレンズ』を搭載し、画面のすみずみまで解像感の高い映像を実現しています。カラーはチタンシルバーのみです。
 
 

■関連記事
ハイビジョン動画や静止画をウェブで共有!ソニーのデジタルビデオカメラ『bloggie』
広角からズームまで高画質!パナソニックのデジタルハイビジョンビデオカメラ3製品
キヤノンのタッチパネル搭載デジタルビデオカメラ『iVIS HF M31』

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。