ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アップルの新OS“OS X Maverick”が無料で配布 OSが無料で配布される時代に

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


本日2時より行われたアップルの発表会。発表会では第5世代『iPad』と第2世代『iPad mini』が発表されると噂されていたが、予定通り2製品が発表された。
発表会では恒例の自慢タイムが始まり、“iOS 7”のシェアは既に64%にもなると発表された。その流れから『iPad』の話に行くかと思いきや、最初に紹介されたのは『OS X Maverick』。『OS X 』は省電力に特化しており、このOSを入れるだけで『Mac Book Air』のバッテリーの持ちが1時間も長くなるという。
そしてその『OS X Maverick』は無料でリリースされるという。引き合いに出されたWindows8がスクリーンに映し出され、199ドルと書かれている。
OSは買う物だというこれまでの常識を覆した『OS X Maverick』。
今後マイクロソフトがどういう出方をするか気になるところだ。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP