ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ヴィレッジヴァンガード、35mmフィルムカメラ『AIMENESS』3000台限定発売

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

camerafront_2


ヴィレッジヴァンガードコーポレーションは、『ヴィレッジヴァンガード』限定オリジナルブランド『AIMELESS』より35mmフィルムカメラを2月上旬より3000台限定で発売します。『ヴィレッジヴァンガード』は、“遊べる本屋”として書籍に限定せずにユニークな雑貨やグッズを販売する書店。今回発売するフィルムカメラもまた、見た目も機能も楽しめる一台に仕上がっています。

cameraback_3

新しいオリジナルブランド『AIMENESS』は、宇宙からやってきた4匹(?)のモンスターたちが、壊れてしまった宇宙船を修理する部品を買うために立ち上げたという設定だそう。カメラを作って稼いだ売上の一部は、星に帰るために使われるとか使われないとか……。ちょっとおバカなモンスターたちが作るカメラのデザインは、ラバーのブラックをベースに、光沢ある鮮やかなピンクを組み合わせ、クレイジーピンク×ブラックのロックなカラーリング。カメラの性能は、フーヴィ社のタートルカメラと同じもの。超広角プラスチックレンズで、トンネル効果とビビッドな発色が特徴。トイカメラ好きな人は、新たなコレクションに一台いかがでしょうか?

box_1

キューブ型のギフトボックスには、『AIMENESS』のキャラクターとなるモンスターを紹介する絵が描かれています。宇宙を意識したのでしょうか? 内部には、ポップな星型の緩衝材が入っています。サイズはW100×H58×D26mm、重さ約76g、レンズは22mm(F11)、撮影距離は1.2m~∞、シャッタースピードは125分の1、ピントはパンフォーカス。販売価格は2940円(税込み)です。
 
 

■関連記事
バスタイムに満天の星空をプロデュースするアイテム『HOMESTAR AQUA』
【レビュー】気分はスパイ?サングラス型ビデオカメラを試してみる
ピザじゃないよ!『パックマン』30周年記念の中華まん『パックまん』

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。