ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

データ読み書き中は点滅します『豆電球USBフラッシュメモリー』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

gh015539_1


リアルな豆電球の形をしたUSBメモリーが登場しました。パソコンに接続すると点灯し、データの読み書き中には点滅。でも、光っているのはフィラメントではなくLEDですので、持ち歩きの衝撃で切れる心配はいりません。グリーンハウスから、1月中旬より発売されます。

ufd2gdq

『豆電球USBフラッシュメモリー』は、大きさもそのまま豆電球サイズ。キーホルダー型になっていますので、なにげなくカバンなどに取り付けて持ち運べます。豆電球のカラーは、オレンジ、ブルー、グリーンの3色をラインナップ。パソコンに接続すると点灯しますが、照明として使えるほどは明るくないようです。

USBメモリーの容量は2GB、デジカメ写真448枚(1000万画素カメラで撮影した場合)、音楽データ約512曲(MP3に128kbsでリッピングした場合)を保存可能です。USB延長ケーブルが付属していますので、USBポートが背面にあるデスクトップパソコンでも手元で使用できます。販売予定価格は2980円(税込み)。シンプルなだけのUSBメモリーに飽きた人におすすめしたいと思います。
 
 

■関連記事
ゴージャス! スワロフスキー社製クリスタル使用『スカルペンダントUSBメモリー』
元祖おもしろUSBメモリー、寿司のカタチの『SushiDisk』が携帯ストラップに!
真空管アンプ“風”デザインのUSBステレオスピーカー『US-0498』

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。