ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画版『ゼルダの伝説』公開中止! 任天堂が停止を要請! しかし神対応!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

任天堂の看板ゲームといえば『ゼルダの伝説』シリーズだが、その映画版が存在するのをご存知だろうか? この映画版『ゼルダの伝説』は海外で制作されたもので、『The Legend of Zelda: Hero of Time』というタイトルで公開され、人気を博している。

映画版『ゼルダの伝説』は本格的なファンタジー映画ではあるが、実は熱烈なファンたちが作った自作映画で、公開されているといってもインターネット上での公開となっている。もろちん任天堂が許すはずもないので無許可で作り、もちろん注意を受けるという事態に発展。そしてもちろん、公開停止に。もちろんショボーンな状態に。

だが、任天堂は頭ごなしにファンを怒りはしなかった。強制的にファンたちの心を無視して公開停止にさせたのではなく、ファンに理解を求めた上で何の衝突もなく公開停止の理解を求めたのである。そして、ファンも公開停止に同意したわけだ。それに関してゲーム情報サイト『GameSpark』には詳しく次のように書かれている。

今月はじめ、映像の配信を中止する同意を任天堂と交わしました。任天堂は、年末の間、映像を配信して皆さんが楽しむのを許可してくれましたが、それも2009年いっぱいで終わりです。任天堂がキャラクターや商標の権利を守らなければならないことや、ファンの作品によって著作権が侵害されるのを防がなければならないことを理解しています。任天堂は、例えそれがファンの作品であろうとも、善意に基づいて権利を守る必要があるのです」※GameSparkより引用

任天堂はファンの熱い心を理解したうえで、楽しんでくれる人がいるのならと、公開停止までの猶予を制作したファンに許していたわけだ。なんと心の広いことか! 以前、『クロノトリガー』というゲームソフトの続編をファンが勝手に作ってしまったという騒動があったが、そのときはメーカーから「ゲームを消さなければ損害賠償が最大15万ドルを払ってもらう」と威圧的なメールが届いたとして、制作したファンが憤慨するという騒動もあった。

2010年1月5日現在、ファンによる映画版『ゼルダの伝説』公式サイトで、まだ本編(1時間40分)を観ることができる。任天堂が許してくれた(?)残り数日間、観るなら今のうちである! ちなみに、予告編だけは動画共有サイト『YouTube』でも視聴できる。ハリウッドにまかせていたら、いつの公開になるかわからない! 今のうちに観ちゃおう!

■最近の注目記事
映画版『ゼルダの伝説』公開中止! 任天堂が公開停止を要請
「負けたら自殺」と豪語してた石井慧がサイト&ブログ消して逃亡!?
初音ミクの絵が描かれた痛車が交通事故! 川に転落し横転!
不正アクセスの被害を確認!『アメーバブログ』のパスワード流出事件が警察沙汰に流出事件
平井理央アナがエッチ過ぎる服装でインタビュー! 視聴者から抗議

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP