ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

こんな恐怖は視たことない! “Web漫画”という新たなキーワードを盛り込んだ映画『殺人漫画』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

人が殺された、その殺害風景は既にWeb漫画に描かれていた――。そんな恐ろしいWeb漫画の恐怖を描いたのが10月19日公開の映画『殺人漫画』である。イ・シヨンを主演に迎えた本格的な韓国産ホラーだ。

Web漫画“パート”の編集長が、担当作家ジユン(イ・シヨン)から届いたWeb漫画の原稿を見ていると、そこに描かれていることに思わず戦慄する。そこには、誰にも話していない・誰にも知られたくない自分の過去が描かれていたのだった。編集長はジユンに慌てて電話をかけ、「なぜその過去を知っているのか」と問い詰めるが、真実を知る間もないまま、編集長は何者かによって惨殺されてしまう。そして、ジユンのWeb漫画にはその光景までもが描かれていたのだった。 不幸な事件はそれだけでは終わらず、ジユンの描いた漫画のとおりに次々と殺人事件が起こる。殺したのは誰なのか、そして、ジユンの漫画に隠された秘密とは……?

予告編:http://www.youtube.com/watch?v=rXotEy1Eyoo

映画『殺人漫画』のキーワードとなる“Web漫画”。ストーリーに差し込まれる“Web漫画”の映像表現はかなり独特なものとなった。紙面の漫画ともアニメーションとも違う、“静と動”・“絵と実写”の間をゆくような新鮮な視覚効果が緊張感を煽っている。また、実写で描かれる恐怖描写・ゴア描写も、思わずゾゾゾと鳥肌の立つコワさだ。

そして、殺人事件を予知するWeb漫画の真実とは。ジユンはなぜ他人の知り得ぬ過去を描けたのか? 果たして殺したのはジユンなのか?――ストーリーの結末にも注目したい。
映画『殺人漫画』は10月19日よりシネマート新宿、心斎橋ほか全国順次ロードショー。

映画、ゲーム、怖いもの好きのためのホラー情報サイト『ホラー通信』― http://horror2.jp/

(C)2013 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved

カテゴリー : エンタメ タグ :
レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。