ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony、NFCやDLNAに対応したポータブルワイヤレスサーバ「WG-C20」を10月25日に国内発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sonyは9月30日、同社がIFA 2013で発表したポータブルワイヤレスサーバの新モデル「WG-C20」を国内で10月25日に発売すると発表しました。WG-C20の価格は9,980円。カラバリはブラック、ホワイト、バイオレットの3色。Sonyのポータブルワイヤレスサーバでは、本体に接続したメモリースティックデュオ、SDカード、USBメモリに保存したファイルをスマートフォンやタブレット、PCなどからWi-Fi経由で閲覧したり、転送することができるほか、内蔵バッテリーでスマートフォンやデジカメなどの電子機器を充電することもできます。今回発表された新モデル「WG-C20」では、NFCに対応し、NFC対応のスマートフォンやタブレットとの「ワンタッチ転送」でファイルを送受信できるようになりました。また、バッテリー容量が3,000mAhに増加し、出力電流も5V/1.5Aに向上。これにより、タブレットの充電も可能になりました。さらに、DLNA規格(M-DMS)にも対応し、「WG-C20」に接続したメモリカードの動画や音楽、写真をアプリからのDLNA対応のテレビやスピーカー上で再生したり、Xperiaの「ムービー」アプリでも視聴することができます。このほか、Wi-Fiアクセスポイントのブリッジ機能も追加されています。WG-C20では、Android向けに専用アプリ「FileManager for Android」がGoogle Playストアで提供される予定で、アプリをインストールすることで、WG-C20内のデータを閲覧・管理・共有することができます。筐体サイズは71 x 144 x 9mm、質量は135g、外部端子はUSB×1、Micro USB×1(充電用)、メモリーカードスロット。無線LANはIEE802.11 b/g/n(2.4GHz帯)に対応。対応メモリーカードは、メモリースティックデュオ、メモリースティックPROデュオ、メモリースティックPRO-HGデュオ、メモリースティックマイクロ、SD/SDHC/SDXC/microSD/microSDHCメモリーカード。バッテリー駆動時間はMP3ファイルのストリーミングで最大10時間。Source : Sony



(juggly.cn)記事関連リンク
Google、渋谷にGoogle Playの人気ゲームを販売するゲーム自販機を10月1日より設置
Xperia Z1 SO-01FとXperia Z1 f SO-02Fのパンフレット画像
Nexus 5(LG-D820)の主要スペックがブートログなどから判明

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP