ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia Z1のバッテリー駆動時間を計測してみました

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Xperia Z1のグローバルモデルを入手したのでそのバッテリーの持ちを報告します。私が入手したXperia Z1はGSM/WCDMA/LTE対応の「C6903」です。英国で西院発売されたSIMロックフリー版を購入しました。Xperia Z1には容量3,000mAhのバッテリーが搭載されています。画面サイズがXperia Zと同じ5インチなので、Xperia Z(2,400mAh)に比べてバッテリーは長持ちすると期待されていると思います。両機種のホワイトペーパーの情報を基に、LTEでのスタンバイ時間を比較すると、Xperia Zは510時間なのに対して、Xperia Z1は760時間にアップ。また、WCDMAでの通話時間を比較すると、Xperia Zは14時間なのに対して、Xperia Z1は15時間にアップ。公称値によると長持ちであることになります。今回のテスト(といったものではありませんが)は以下の内容で行いました。docomoのSIMカード装着、Wi-Fiは常時ON、屋内使用がメイン、画面輝度は50~60%、1時間ドラマをHD画質で2本視聴、Music UnlimitedをWi-Fiで1時間視聴、その他、YouTube、WEBブラウザ、カメラ、Twitter、Google+などのアプリをちょこちょこ使用しました。ベンチマークアプリは走らせていませんし、STAMINAモードなどの省電力機能も使っていませんでした。この内容でフル充電から残量が15%になるまで、バッテリーを気にすることなく使いました。その結果、駆動時間は約7時間24分でした。バッテリーの減り方は使用環境や使用したアプリの種類・頻度によって変わってきますが、個人的な感想としては、Xperia Zとさほど変わらないという印象です。画面の明るさやバックグラウンド通信などの機能に何も気を遣うことなく丸1日充電無しで使うのはけっこう難しいと思います。Source : Sony Mobile



(juggly.cn)記事関連リンク
英Tescoが自社ブランドの7インチAndroidタブレット「Hudl」を発表、7インチ1,440✗900ピクセルの液晶と1.5GHz駆動のクアッドコアプロセッサを搭載、価格は£119(18,000円)
NTTドコモ、「Galaxy S 4 SC-04E」と「AQUOS Phone SH-06D」のソフトウェアアップデートを開始
Samsungの64bitプロセッサの開発は最終段階に突入、Androidは来年以降に64対応へ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP