ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia Z1の飛散防止シートを剥がすとSONYロゴが取れる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Xperia Z1にも飛散防止シートが貼られており、“SONY”ロゴはそのシート上に印刷されていることがRecombuのYouTube動画で確認されました。Sony Mobileの殆どの機種には本体をアスファルトの地面に落とすなどしてカバーガラスが割れてしまった場合に、ガラスが飛び散らないようにするために透明な飛散防止シートが端末の生産時に貼られます。Recombuの動画は飛散防止シートを剥がすとどうなるかを紹介したものです。動画によると、Xperia Z1本体上部からカッターの先をそーっと入れてフィルムの端が浮いてきたところで爪を入れて力で引き剥がす。これで飛散防止シートは剥がせるようです。飛散防止シートの上にロゴマークを印刷するのは国内版・海外版で共通していることから、ドコモ版では、飛散防止シートを剥がすと「docomo xi」ロゴと「SONY」ロゴが一緒にも取れてしまうことになるでしょう。飛散防止シートを剥がすとXperia Z1はNexusデバイスのような無刻印端末になりますが、これはあくまでも本体部品の一部なので、剥がすと無償修理の対象から外れてしまう可能性が出てきます。Source : YouTube



(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Mのroot化方法(Framarootアプリを使用)
Xperia Z1のアルミフレームは通信用アンテナとしても機能、開発者インタビュー記事で言及
Sony MobileがXperia Z / ZL / ZR / Tablet Z向けに、Android 4.2.2におけるアップデートの配信開始を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP