ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

山本蒼美監督の新作はドラマCD!『この男子、悪人と呼ばれています。』に木村良平ら豪華キャスト集結

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

『この男子、宇宙人と戦えます。』で独特の色彩表現や文字を多様した映像表現が注目され、『この男子、人魚ひろいました。』で男子人魚というありそうでなかったキャラを登場させるなど、そのセンスが高い評価を得ている山本蒼美監督。1990年生まれ・23歳という若さで2013年秋アニメ『メガネブ!』の監督にも抜擢され活躍の場を広げる中、新作ドラマCD『この男子、悪人と呼ばれています。』(CoMix Wave Films)が2013年11月27日に発売予定となっています。

コアな女子人気を誇る『この男。』シリーズの系譜を継ぐこの作品。初のドラマCDとなった理由として、公式サイトでは山本監督のルーツとしてマンガとラジオドラマを挙げ、「よりストーリーに力を入れ深く掘り下げる」としています。

ひょんなことから何でも屋H&H社でバイトをすることになったアカネが会う4人の男子は、それぞれ立ちすぎるぐらいキャラが立っていて、彼らに振り回されながらも自分を見つめなおしていくことに。
28歳のイケメンフェミニスト・セブンを演じる木村良平は、『この男子、宇宙人と戦えます。』のセブン、『メガネブ!』の木全隼人といった山本監督作品に引き続いてのキャスティング。
自称ヒーローの肉体派・ジャスティスに近藤隆、パソコンの知識や最新トピックに精通している少年・Kに水島大宙、掴みどころのない性格ながら仕事はきっちりとこなす社長に森川智之、そして生真面目な刑事・世羅雪広に岡本信彦と、人気と実力を兼ね備えた男性声優が揃っているのも気になるところ。
また、アカネ役を『アイドルマスターミリオンライブ』の七尾百合子でデビューした伊藤美来が演じるのもポイントになりそうです。

「いい子」で流されやすいアカネが、クセの強い男子に囲まれてどのように変化していくのか。山本監督の趣味がどのように発揮されるのか。テレビアニメに進出して勢いのあるクリエイターだけに期待が集まります。

『この男子、悪人と呼ばれます。 この男。』公式サイト
http://www.konodan.com/badman

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP