ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「他社へMNPする」とチラつかせてポイントゲットする技がネットに出回る? 成功するかは不確定だが……

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ドコモ、au、ソフトバンク。長年契約してきたユーザーもとあるタイミングで他社へ乗り換える人も出てくるだろう。たとえばドコモだった人が『iPhone』を使いたいためにソフトバンクに乗り換えた人は多いはずだ。そんなときに役に立つのはMNPである。電話番号はそのままで他社へ乗り換えることができるというもの。

しかし「MNPする」と今利用しているキャリアに話すと大量のポイントがゲットできるようである。そんな技がネット上で話題になっている。今回紹介するポイントゲット方法はあくまでネット上でウワサになっていたもので、不確定要素も含まれているので、実際にゲットできなくても責任は取れない。

ソフトバンク

まずソフトバンクはMNPする旨を伝えると10000ポイントか15000ポイントを付与してくれるという。付与されたポイントには短い期限が定められており、指定期間内に使わなくては失効してしまう。

「*5533」に電話→2→2→電話番号→1→暗証番号→オペレータ

上記の手順でオペレーターにつながったら、MNPする旨を伝える。そのあとに向こうからポイントの提案が来るのでそれを受け入れてポイントゲットとなる。ポイントは人により差があり、10000ポイントと15000ポイント、場合にはもらえない人もいる。またダメ元でポイントのことを聞き出すのも有りだという。ポイントは14日以内に機種変更するのが条件となっている。

au

auは「157」に電話しMNPしたい旨を伝える。契約期間が半年から10年未満は5000~15000ポイント。10年以上は30000ポイントとウワサされている。記者の場合は13年半なので30000ポイントに該当するはず。ソフトバンクよりも成功率は高いようだ。

docomo

他社より明確な基準があるようだ。その基準ははっきりしていないが、継続年数や月々の支払いなどが関係していそうだ。

「mydocomo」へログイン
1.各種申込み・お手続き
2.携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)
(ここからは実際に解約はしない、確認のみ)
3.解約お手続き
4.MNPのお手続きによるご注意事項(1/3) ~(3/3) まで確認を押し 次へ

3/3の画面から次へを押したとき、対象であれば以下の表示。
>これまでのご愛顧に感謝をこめて、
>お客様に今だけのお得なお知らせがございます。
→ 151に電話

こちらは先ほども書いたように基準があるため、出る人と出ない人がいるようだ。

実際に試してみた

ここまで書いて、成功するか不確定な部分が多いと思った人もいるだろう。そんなわけで2キャリア契約しているソフトバンクとauの回線の内、ソフトバンクでポイント付与されるのか実際に試してみることにした。回線を契約している筆者が上記の手順でオペレーターに電話してMNPする旨を伝える。「希望回線はどちらですか?」「携帯機種は?」と質問されたので「ドコモの『iPhone5s』です」と回答すると、「審査の間に少し宜しいですか? ソフトバンクを継続してくれるなら15000ポイントお渡しできます。これで機種変更に充てて頂けたらと思います」と提案が来たのである。その提案に乗って15000ポイントをゲットした私であった。

「通常は渡してないんですか?」と聞くと「通常は渡してなく、限られた方にしか渡してません」とのことである。本当かなあ……。ちなみに私のポイントの期限は10月10日まで。

支払いの未払いや滞納があるとポイントがもらえない場合があるようだ。上記の技を試してもらえなくてもガッカリしないように。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP