スキンヘッドで迎えた48歳!!岡本夏生さん記者会見

Pocket
LINEで送る

2013.09.13 02:38 記者 : カテゴリー : エンタメ タグ :

タレントの岡本夏生さんが自身の48歳の誕生日となる9月12日、大阪のD.D.ハウスでクラブイベント「GO!GO!バブルでナイト~あの時代をもう一度」に出演し、イベント終了後に報道陣への記者会見に応じた。

 

「閉経B48」「ベスト体重より10キロ太った」「クソ女」などと自嘲するものの、自称”最高齢グラビアアイドル”だけあってプロポーションやこなれた場の持っていき方はさすがのもの。イベントではトークショー形式でサービス精神たっぷりに芸能界裏話やバブルの思い出、人生哲学を語って大入りの観客を沸かせていた。

この日集まった取材陣の関心は、やはり先日丸めたその頭。当初は普段のイメ-ジ通りにバブル風衣装をまとっていた岡本さんだが、記者会見の途中で「(頭を)見たいでしょ?もし見たいなら衣装を変えなくてはいけないので10分待ってください。この格好でやったらボディコンのイメージを崩すことになりますから。」と期待に応え、うって変ったキャッツアイ風のラバースーツで再登場。

芸能リポーターの城下尊之さんにマスクを取らせ、女王様よろしく優雅にスキンヘッドを披露し、思いつくままにさまざまなセクシーポーズをとってみせた。

スキンヘッドになった感想は「ズラがかぶりやすくなった」「触り心地がワサビをする時のまな板」「新たな快感が生まれそう」というもの。また「(スキンヘッドは)病気でやるようなイメージがあるけど、ファッションでやる場合もあるんだよということを広めていきたい。何も恥ずかしくない。」という意気込みも語っていた。

壮絶なアップダウンを経験しながらも、唯一無二のキャラクターで再度芸能界の高みに昇りつめた岡本さん。直接お会いしたのは今回が初めてだったが、芸風を超えたエネルギーの充実を感じる美しい女性だった。今後もさらなる活躍を期待したい。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「中将タカノリ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライター

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

●ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから

●記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。


Pocket
LINEで送る

関連記事

今年5月に小学校の防災学習に参加し、突然死んだふりをして児童を驚かせたことで問題になっている大阪市住吉区の"公募区長"吉田康人さん。 問題の是非はともかく筆者が調査したところ、なんとオフィシャルサイトのプロフィール欄で「嫌い...続きを読む

8月3日、そぼ降る雨にもかかわらず、兵庫県西宮市の甲子園界隈は一種異様な熱気に包まれていた。 それもそのはず、この日の夕方からショッピングモール『ららぽーと甲子園』で西宮市民にとってかけがえのないアイドルがレコ発イベントを開催す...続きを読む

テレビで彼らの姿を目にしない日はないほどの勢いで全国を席巻しているゆるキャラブーム。 あまりに生命感あふれるゆえか、彼らが地方自治体や企業のイメージ向上という使命を背負った"作品"であることを忘れてしまっている人は多いのでは...続きを読む

以前『ガジェット通信』でも取り上げて大反響、即売り切れになった"ロックワイン"が通販ショップ『iwine.jp』より再販売されている。 ※「ピンク・フロイド」のワインが限定発売!テーマは”強烈な闇の苦悩”? – ガジェット通...続きを読む

近年、すっかり定着した感のあるネイルのお洒落。 足の爪にほどこすぺディキュアも、これから本格的に夏を迎えるにあたってお洒落女子にとっては欠かせないポイントだろう。 しかしぺディキュアの場合、場所が場所だけにどんなに手間や費...続きを読む

新着記事

現在国内で多くの方から感染報告が出ているデング熱。69年ぶりに感染が確認されたデング熱だが、その感染者は代々木公園に立ち寄ったという共通点がある。 新潟の10代男性や神奈川県の男女、そしてタレントまでも感染している。幸い人から人...続きを読む

2013年に自動車事故で急逝した俳優ポール・ウォーカー。『ワイルド・スピード』シリーズ等で日本でも高い人気を誇る彼の、最後の主演作が9月6日より公開となる『フルスロットル』。公開を前に、ハラハラドキドキ、手に汗握る、まさにフルスロット...続きを読む

コンビニでは必ずサラダを購入、居酒屋に行ってもまずサラダ、部屋飲みのお供は野菜スティック。なんていう方多いですよね。でも、それ実は「野菜食べてる感」だけかもしれませんよ? カゴメが、全国の20~59歳の子ども・夫がいる女性120...続きを読む

『ドラゴン・タトゥーの女』『ソーシャル・ネットワーク』など数々の作品で世界に衝撃を与えた、映画界の鬼才デヴィッド・フィンチャー監督。その最新作であり、現代の夫婦が抱える秘密を暴くサイコロジカル・スリラー『ゴーン・ガール』の日本公開が1...続きを読む

今回はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。 社会の多様性についてみんなが間違えていること(メカAG) 社会の多様性は大事。すべての人々の考えが同じになってしまったら、その社会はすごく脆弱になり、文化・文明の発展も停滞して...続きを読む