ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

はねプリ第59回「都市ごとに時間のバーが並んでいて、昼なのか夜なのかが一瞬でわかるのがいい」 – 『VelaClock Classic』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

『VelaClock Classic』ってどんなアプリ?

『VelaClock Classic』は、登録した世界の都市の時間が朝から夜までの色分けされたバー上に表示される世界時計アプリ。月が昇っている時間も同時に表示される。評価時バージョンは2.1.1。350円。

アプリURL

https://itunes.apple.com/jp/app/id284997023

ひとことコメント

「『いま連絡していい時間なのか』がぱっと見でわかるのが良い」

はぎ:IT業界をひっそりただよう40歳。この歳で初海外。
ねり:将来はガンダムパイロットになりたい女子大生。

はぎ:いま僕、イタリアにいるじゃないですか。
ねり:アルバイトで会社に来たらいないから驚きました(笑)。
はぎ:漫画家のしりあがり寿さんとかとベネチアビエンナーレに来てるんだけど、仕事は仕事でやらないといけないからね。これは本格的に世界時計が必要だなと。ほら、どうやら時差というものがあるらしいじゃない……?
ねり:ありますね……あれは厄介なやつです。なにか世界時計でいいアプリありますか? わたしは海外旅行の時は標準の世界時計を使ってたんですけど。
はぎ:『さるプリ』でフランスに住む小学生の女の子の日記とか載せてる関係で海外とのやり取りはあって、そういうとき僕は『VelaClock Classic』ってのを使ってる。でもせっかくだし、他にもないか探してみようか。
ねり:そうですね!

— 調べ中 —

はぎ:『世界時計 – The World Clock』と、『syncrinize』と、そのくらいかなあ。使えそうなのは。
ねり:『synchronize』は都市を登録すると、画面下の目盛りでカンタンに時間を動かせるんですよね。こっちが何時のときあっちが何時だろ、と気になったとき便利そう。今回みたいに海外にいる人とチャットの時間を決めるときは役に立つかも(注:この原稿は、はぎとねりのチャットでお送りしております)。
はぎ:都市名の下に太陽とか月とかのアイコンが出て、なんとなく昼か夜かわかるようにもなってるね。
ねり:デザインもシンプルでいいですよね、かわいい!
はぎ:世界時計の方はちょっとデザインがゴツすぎるかなあ。機能は豊富そうだけど、ゴチャゴチャしてあんまり好きじゃない。
ねり:そうですね、作りこまれてる感じはしますが。
はぎ:世界地図上に登録した都市とその時計を表示してくれたり、地図上の夜のエリアが暗くなったり、いろいろ便利そうな感じはあるんだけどねえ。
ねり:『VelaClock Classic』は、都市ごとに時間のバーが並んでいて、昼なのか夜なのかが一瞬でわかるのがいいですね。ひと目で大体は把握できる。
はぎ:だよね。「いま連絡していい時間なのか」がぱっと見でわかるのが良いかも。デザインもスッキリしてるし。
ねり:そうですね、機能が絞られてて見やすいです。
はぎ:日時を移動する機能がちょっと使いにくいけど、まあ、そんなに頻繁にやる機能じゃないから良いかなあ。
ねり:いろいろ探してみたものの、結局いつものやつに落ち着いちゃいましたね(笑)。

はぎ:★★★★★ いつも使わせてもらってます。
ねり:★★★☆☆ いつ使うかは謎ですがその時のために(笑)。

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP