ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

次期iPhoneの購入意向調査 ソフトバンクが優勢もドコモ参入でどうなる?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


「ドコモからiPhone発売」が話題ですが、そんな中で『次期iPhone購入意向調査』の結果がMMD研究所から発表されました。ドコモからの発売が報じられる以前の8月30日から9月2日にかけて、ドコモ、au、ソフトバンクの携帯電話・スマートフォン利用者1800人(各キャリア600人)を対象に調査したもので、調査時点では購入する選択肢はauかソフトバンクの2択。ドコモからの発売がなかった場合、ユーザーはどちらのキャリアから購入する意向を持っているのでしょうか。

新『iPhone』は58.4%が購入意向あり


まず、新『iPhone』の購入意向を全体で聞いたところ、「購入したい」(23.6%)と「やや購入したい」(34.8%)と、購入意向があるユーザーは58.4%と高い数字に。携帯電話・スマートフォンユーザーの多くが注目していることがうかがえます。


キャリア別に購入意向を見ていくと、ドコモユーザーは55.3%、auユーザーは57.0%、ソフトバンクユーザーは62.8%が購入意向があることが分かりました。『iPhone 4S』からの機種変更も多く含まれるau、ソフトバンクは分かりますが、ドコモユーザーも半数以上が新『iPhone』の購入意向があるということが注目できます。

購入希望キャリアはソフトバンクがやや優勢


新『iPhone』の購入意向があると答えたユーザー1051人に、調査実施段階では2択だったauとソフトバンクのどちらから購入するかを聞いたところ、ソフトバンクが37.9%、auが30.7%、「どちらのiPhoneにするか決めていない」が31.4%という結果に。つながりやすさをアピールしている効果か、ソフトバンクがやや優勢となりました。

キャリア別に回答の内訳を見ると、auユーザーの74.3%はauで購入、ソフトバンクユーザーの80.1%はソフトバンクで購入と、自分が現在利用しているキャリアを選ぶ傾向に。

一方、ドコモユーザーはauで購入が15.7%、ソフトバンクで購入が19.9%と、こちらでもややソフトバンクで購入する意向が強い結果に。残りの64.5%は「どちらのiPhoneにするか決めていない」と回答しています。

ドコモから発売されたらどうなる?

報道されたとおりドコモから新『iPhone』が発売されることになったらどうなるでしょうか。新『iPhone』の購入意向で「どちらのiPhoneにするか決めていない」と回答した31.4%のうち多くの人がドコモを選ぶ可能性があります。

特に新『iPhone』の購入意向があるドコモユーザーの64.5%は「どちらのiPhoneにするか決めていない」ということから、ドコモからの発売が決定すればドコモからの購入意向を持つ可能性が高いとみてよいでしょう。

現在のau、ソフトバンクのユーザーの一部も、ドコモからの購入を選ぶ可能性もあります。3キャリアから発売される前提で調査すると、3キャリアできれいに33%ずつ票を分けてしまうかもしれませんね。

『次期iPhone購入意向調査』(MMD研究所)
http://mmd.up-date.ne.jp/news/detail.php?news_id=1229

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。